FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



幸せってなんでしょうね?



僕は姉と二人兄弟の4人家族です。父は12年ほど前に他界しました。
15年前ぐらいに結婚して、10年ほど結婚生活してて、2人の娘にも恵まれました。
とにかく結婚生活の前半は幸せなことが多かったですねぇ。

長女が3歳ぐらい、次女が元妻のお腹の中にいる時ぐらいから
なんか歯車がおかしくなりましたね。

娘と過ごす時間はそれは言葉で例えることが出来ないくらい幸せな時間でした。
娘のおかげで幼稚園の送り迎えをできるようになり、他のお子さんたちとも触れ合えたこと
もう、死ぬほど嬉しかったし、楽しかった。

子供は才能の塊です。

娘と過ごす時間は楽しかったのですが、あまり悪口書いちゃいけませんが・・・
元嫁が家庭内で暴走しまくって・・・(腕力ではなく、口で)
もう心を痛めっぱなしでしたね。
娘を守ってやれない自分も情けないし・・・

まぁ、でも娘の父親であることがとても嬉しいことでしたね。
彼女たちの笑顔、一生懸命に何かに取り組んでる姿を見るだけで
とても幸せな気持ちになれたものでした。

が、4年半前。1つ前の記事に、結構ハード目に事実を列挙したので、読んでいただければ
わかると思いますが・・・

娘達と離れ離れで暮らさなきゃいけないことになりました。

そして、自分も精神病というレッテルを張られ、仕事も失いました。
過去の身内・友人関係にはことごとく裏切られたので、完全に孤独になりましたね。

人と交流を持てないというのは、やっぱり不健康なことで、それに4年半前に受けた
心のダメージがでかすぎたので、心も不安定な状況でした。

でも、なんとか新しい取引先を見つけては仕事をしてました。
仕事をしだすと、社会のことが再び気になるようになり、Twitterで
世の中の不条理をあれこれ訴えてました。

なんでなのかわからないんですけど、明らかに人の道に外れたことをしようとしていることを
Twitterで指摘すると、指摘した僕の心も痛むんですよね。

自分が投げた矢が舞い戻ってくるイメージでしょうか。
でも、悪いものは悪いんだから、批判するの自体は問題ないはずなんだけど・・・
ダメージ受けちゃうんですね、僕の場合は。

そんなことを半月、1月続けていると、若干心も不安定になり・・・
辛くなるので、音楽を大きい音で鳴らして(まぁ大したボリュームではない)、鼻歌歌ったりします。

がですねぇ、なんでかしらないけど、そういうことしてたら、近所の人に通報されて
警察官が5人10人やってくる。

で、あいも変わらず、「精神科に行きましょう」Or 「ちょっと行きましょう」といって
警察署に連れて行かれて、最終的に精神科に放り込まれるんですよ。

たしかに、健康状態からは若干バランス崩した状態ではありますが、
数日仕事を休んで、ゆっくりすれば、回復するレベルなんですけどね。

まぁ、そんなことを4年で3度も経験しました。


で、ここ2年ぐらいは健康に仕事こなしつつ、楽しく生活してます。
昔から、自分ととことん向き合うのが好きな質で、自分の至らなさが許せなくて
それがツラくて、考えすぎて、体調壊すとかは、それなりにありました。
まぁ、風邪を引いたり、口唇ヘルペスになるとかぐらいですけど(笑)

フリーランスで仕事を20年ぐらいしてますが、10年ちょっとした頃から、
自分で事業を起こして、成功しなくちゃ という、よくわからない観念に取り憑かれて、
それを実行できない自分というのに、歯がゆさを抱えてましたね。

が、何がきっかけだったかよく覚えてないのですが、半年ほど前、
死ぬほど孤独を味わってた時期があって、その時に、
あぁ、別に事業で成功して、自己実現することに、それほど大きな意味はないなと
考え方を切り替えられるようになりました。

人間、何もかも失ってしまうと、最初はかなりツライんですが、
慣れてくると、「あれれ、意外にこれって 自由っていうんじゃね?」と気づけたりするんですよ。

なので、今は仕事は程々にして、ゆっくり体を休める時間を作って、好きなことに熱中する。
できれば、自分の能力を社会に還元して、少しは人の役に立てたらいいな、ぐらいに楽に考えるようになりました。

モノや金、ステータスを得たところで、それで満たせる幸せの感覚はあっという間に風化してしまいます。
そうなると人はどんどん大きな欲望を抱いたりするものです。
でも、それって終わりがないんですよ。
一生囚われの身 という感じでしょうか。

今、思ってるのは、仕事はそこそこにして社会の一員としての役目を果たし、
仕事や私生活で出会って、素敵だなと思える人と交流し、その中でいただけた
優しい想いに感謝さえできれば十分。僕にとっては、それが一番の幸せだなと
考えるようになりました。

まぁ、娘にはとても会いたいですね。
愛しているし、大好きだよ。
(名前は書かないでおきます)




スポンサーサイト



権力の暴走と身内・親友の裏切りにあったの巻


今40の半ばなんだけど、25からフリーランスでプログラマーしてて、稼ぐことに必死で、3年ぐらい働いた頃には結構稼げるようになってたんだけど、ずっと稼いでいくためには努力しなくちゃいけなくて。で、31の時に結婚して、33ぐらいで長女が生まれて、めっちゃ幸せで。で、長女が2歳ぐらいだったかなぁ、その頃に、お世話になっていた取引先がM&Aで吸収合併にあい、いつ首切られてもおかしくないような状況で、数年過ごしました。

結構な報酬もらってたので、ここと縁が切れると厳しいなと思ってましたね。でもまぁ、M&Aというのはたいてい冷酷なもので。で、どうしたかといえば、30万ぐらいはなんとでも稼げる自信はあったので、残り数十万を投資で儲けようと企んだんですよ。自慢になっちゃいますが、結構勉強できたので、帝大の理系の学部に通ってました。でも、政治には全く興味がなくて、活字にも全く興味がなくて。

でもね、相場に関わるとニュースを追わなきゃいけない。で、駅の売店で日経新聞買ったり(笑)、Webでニュースサイト見まくったりして、なんで、相場はこんな意図しない方にばかり動くんだろうと悩んじゃいましたね。で、真っ向勝負してもダメそうなので、自分の特技のプログラムの能力を活かして、分析しようと。
OmegaChartというすっげーいいソフトがソース公開されてて、それを自分で改造して、世界中のヒストリカルデータあるサイトのページをHTML解析して、過去100年ぐらいの相場データを集めました。でね、社会科は得意だったんだけど、歴史は全く興味なかった。単に年号覚えゲームしてた。

でもね、100年も相場データを集めると、近代史の流れが分かるんですよ。想像するの大好きなので、チャートの上下動から、歴史的事象を重ねあわせて
一体何が起こっていたんだろう??とか想像しまくって遊んでましたね。

そんなこんなを1月ほど。で、世界の支配構造というか、歴史の流れ具合がなんとなく先読みできるようになったりしました。
きっかけは植草一秀さんのBlogを読んでから、もうありとあらゆる、政治経済系のサイト読み漁りました。


で、世の中の不条理さというものに気づき、どうしたら、少しでも、心地よい方向に変えていけるんだろうかと、考え始めましたね。
ついでに、BlogとTwitterも始めて、あれこれ思うことを書いていました。

最初は世界のことをあれこれ書いていましたね、で、おまけ的に日本の政治も書いてたかなぁ・・・
日本は所詮、極東の島国で、自立心も薄いので、翻弄されまくってるだけなので、あまりたのしかなかったですね。

で、4年半前、Twitterで、意図的なのかどうかはわからないんですが、ネトウヨみたいな人から、間接攻撃を受けました。
で、そういうことに免疫がなかったので、頭の中が暴走してしまい・・・、かなり精神的にバランスを崩しました。
2012年の6月前半だったと思います。

で、6月末頃から、元妻が、「あなたおかしいから、精神科に行って薬をもらえ」と脅してきてですね。。。
あまりに執拗に迫ってくるものだから、嫌になって、一時実家に退避しました。

僕、大阪に住んでるんですけど、なぜか、実家に一度も来たことない、横浜の友人が
遠路はるばる車で駆けつけてくる。

で、何言いに来たのかと思えば、「精神科に行きましょう」(笑)
で、彼とドライブすることにしたんですけど、あれこれあって、嫁のいる自宅に連れ戻されることに。
そしたら、これまた、呼びもしてないのに、京都から仕事の後輩が車で駆けつける。

妻、仲よかった後輩二人から精神科にイケイケ攻撃。

で、不思議なことに、娘二人は近所の義母のところに用意周到に預けられてました。

夜軽く酒盛りしてたんですが、あまりに3人の話が馬鹿げてるので、切れて、
一人で自室に戻り就寝することに。

朝6時頃目覚めて、彼らの様子を見に行くと爆睡中。
しばらく話したくなかったので、ノートPC持って、娘を預かってくれている義母の家に。

朝ごはんを頂いて、娘とかるたしながら、機関車トーマスのDVDみてました。
とですねぇ・・・ 9時頃だったかな?
いきなり、池田市の消防隊の男の人が3人、義母の家に乗り込んできて、
僕に向かって

「○○さん、入院しないとダメです」と(笑)

意味不明すぎて、少しおかしかったですが、かなり強引だったんで
憤って、口論してました。すると30分ほどして、学生の頃、うつ病になった時にかかっていた
精神科医(女医)が乗り込んでくる。

土曜日で、彼女、診察日なんですよ。
彼女も、診察もしてないのに、入院しろと言いはるんで・・・
医師会の力が働いたかなぁと思ったので、Twitterに書き込もうとしたら、
ノートPC取り上げようとするんですよ。もうめちゃくちゃ(笑)


消防隊の中で、一人だけ、話の通じそうな人がいたので、その人にお願いして、
15分ほど歩けば、僕の自宅があるから、そこで話しましょうと相談。

で、一緒に歩いて帰りました。

自宅の玄関についたら、義弟と親友が僕のこといきなり抱え上げて、
待ち構えていた、救急車に無理やり放り込もうとする。

なんとかそれは逃れたんですが・・・そこから1時間ほど、消防隊と議論。
その後、また精神科医がやってきて1時間ほど、説得にあう。

お昼ごろだったでしょうか、ようやく、消防隊と、精神科医は去っていったのですが、
元妻と親友の通報のためかパトカーが続々とやってくる。
パトカーは5台ぐらい来てたかな。

警察官は計30名ぐらい。
昼ごろから、夜の19時ぐらいまで、これまた延々、
「精神科に行きましょう」の押し問答。

19時過ぎになんとか解放されたので、家にある食材で、最低限の食事を取る。
21時頃に、義弟と親友・妻がやってきて、あれこれ揉めたあと、
警察に通報される。

まぁ、普通の警察官の人だったので30分ほどして引き取ってもらいました。

もう、あまりにも壮絶な出来事だったので、興奮してなかなか寝付けませんでした。
5時間ほど眠って、次の日の朝、娘を連れて、嫁がやってくる。
しばらく顔も見たくなかったので、玄関の鍵(安全錠も)を閉めておいたら
娘がどうしても入りたいといっているという作戦を使って、家にはいろうとする。

娘には会いたかったので、仕方なく鍵を開ける。

その先はちょっと記憶が曖昧なんだけど、娘達は再び義母の家に戻っていきました。
昼ごろだったかな、嫁と親友が乗り込んできて、羽交い締めにされる
嫁は何を狂ったか、ガムテープで僕の足をぐるぐる巻にしてました(笑)

そしたら、誰が呼んだのか知らないけど、また警察が大量にやってくる。
普通の制服着た警官10名ぐらいと、私服警官5名ぐらい。


また8時間ほど押し問答。

なんとか、2日目も19時ぐらいに解放されました。


2日間で、身内と親友に裏切られ、見ず知らずの警官から、めちゃくちゃなこと言われて
疲弊しまくりました。

あぁ、書くの忘れてましたが、2日目、玄関先で喋っている間に
嫁と警察官5名ほどが数時間家の中にこもって何やら怪しげなことをしてました。

で、2日目の夜も一人で飯作って、風呂はいろうとしたんですが・・・
風呂に干してある僕の服から、異常な異臭が・・・

息苦しくなって、怖くなったので、飯食うのもやめて、玄関先に布団持って出て
ガレージで眠りました(笑)

めっちゃ息苦しかったので、死んじゃうのかなぁとか思いましたよ。
まぁ、精神的に興奮しまくってたので、過敏になりまくってたせいだとは思いますが。


で、3日目の朝、6時頃目覚めて。
実家に逃げ帰ろうとしたんですが、かばん中から財布がなくなってて、
唯一、なんとなく別のところにしまってあった1万円札一枚だけ、ポケットに入れて
15kmほど離れた実家に、歩いて帰りました。

公共の交通機関を使うと、警察に捕まりそうな気がしたんですよ。
で、15kmなんで3時間ちょいで帰れるんですが・・・

もう、頭おかしくなってたので、あっちふらふら、こっちふらふら住宅街をさまよい歩き
24時間ぐらいかけて、豊中の実家に戻ってきました。

帰る一時間ぐらい前、バケツをひっくり返したような雨が降って、ずぶ濡れになりましたね。
嫁から、母と姉に、僕が行方不明になったという連絡が入っていて、
母と姉は僕が帰ってきたら、たぶん、元妻に連絡したんだと思います。

で、保健所と精神科にも連絡済みで、保健所が乗り込んでくることが決まっていたようです。
池田市の保健所のNさん(女性50前後)が、いきなり2階まで上がり込んできて
あぁでもないこうでもないと屁理屈を並べ立て、入院を迫る。
何時間でも付き合うから、じっくり話そうと言ったら
「時間がないんです」を連呼。

1時間ほどしたら、池田の保健所の男集4名か5名が2階まで乗り込んできて
両手両足掴まれて、ワンボックスカーに放り込まれ、箕面にある精神科に強制入院されましたとさ。

続きは明日以降。。




小さな幸せ探し

この4年半、ホント、色々ありました。露骨に全て書くと、また僕を貶めようとする
人たちが襲ってくるので、ソフトに書きます。

4年半ほど前に、信じられないような身内・親友の裏切り、官憲の暴走に出会い、
ひどく心を痛めました。ショックは数時間で収まりましたが、その後、3ヶ月から
半年ぐらいは、憤りの気持ちを抑えることが出来ませんでした。

あれから、もう4年。
普通の人にはまず味わうことの出来ない経験を出来たことは、
僕にとっての大きな財産です。

ひどい仕打ちをしてきた方に、全く腹が立たないかというと、それは嘘になりますが、
総じて学びの機会を与えていただいたことに感謝しています。


多くのものを失いました。
一番ツライのは、大好きで、愛おしい娘達と一緒に暮らし、彼女たちの
成長を見守ってやれないことです。

でもまぁ、これも僕を成長させるための試練の1つなのでしょう。

自分の娘達も気にかかりますが、今の日本の状況には、目を覆いたくなる気持ちです。
彼女たちや、彼女の友達たち というかそんなレベルではなく、日本に暮らす子どもたちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
ただ、いくら今の状況が悲痛なものであっても、目をそらし、自分を守るだけではあまりにも身勝手。

といって、大きなことが出来るわけではないので、日々、自分が関わることが出来る出来事や、人たちに心を込めて接する。自分を磨き続ける、そんなことが大切だと感じています。

ほんの少し前までは、自分の影響力を広げるために、事業を起こし、人を雇い、社会に貢献することが自分の望みを叶えられる方法だと思っていましたが・・・

社会に自分の能力を還元する方法は、それだけではないなぁと、意識を変えることが出来ました。
人は富や名声を求めてしまう愚かさを内包していますが、そんなもの手に入れたところできっと自分の心は満たされないのだろうなと。

幸せは足元に転がっている という言葉が示すように、社会が規定した成功が人を幸せに導くのではなく、足元にあるもの、今、自分が持っているものに感謝し、適度に自分の能力を社会に還元し、人と心が通う交流をする。そんな交流から、頂いた、小さな小さな美しい想いを気づきとる力を身に付ける。

ただ、それだけでいいのではないかと思うのです。