FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



旅立ち
ここひと月間、親友のように仲良くなった
一回り以上年下の患者さんが退院することになった。
非常におめでたいことである。

少し問題ある発言かもしれないが、精神病院での
入院生活は非常に楽しい。毎日、見慣れないイベントが
起こり、なれてくるとそれが、音楽でもなっているかのように
心地よい音色に聞こえてくる。

よく彼ともそんなニュアンスのことを話していた。
彼が退院してしまうことは少し悲しいことでもあるが、
彼が将来、今を乗り越え、人らしい人となる旅立ちの日でもある。

改めて、おめでとう といいたい気持ちである。

20120828-e.jpg

スポンサーサイト



ピントずれ
外泊中に撮っていた写真を眺めていた。
早朝の散歩は気持ちよい。
写真を見ると、その時の空気、抱いた感情などを思い出す。

太陽は毎日のようにのぼり、自然はわれわれに恵みを与えてくれる。
そんなことに感謝。

そして、撮影ミスでピンボケになった写真を観て思うことは、
人生はピンボケぐらいのほうがちょうどよいのかな ということ。
あまりにはっきりと輪郭が見えすぎると、楽しみが減るような
気さえする。



20120830-1.jpg

風とお友達になりたい。
鳥とお友達になりたい。
人とお友達になりたい。

自分とお友達になりたい。




時の速さ
IT化がもたらした恩恵は数知れない。が、一方で
そのために苦しくなってしまったこともそれなりにある。

スピード重視、電子マネー、情報戦。
どれもが一歩間違えると、人生を踏み外しかねないほどの
惨事を招くことになる。

電子化されたマネーは一瞬で世界を駆け巡り、
知らず知らずのうちに庶民の生活を翻弄してしまう。
溢れんばかりの情報、情報をまとめたポータルサイト
それがもたらす恩恵も大きいが、一方で、画一化された
大きな意味での一方方向への情報誘導も懸念される。

とはいっても、ITは便利なものである。
端的に言ってしまうとITも科学技術の一つであるので、
それを如何に使うか、如何に心をこめてサービスを作成し、提供するか。
そして、提供されたサービスを如何に利用者として
受け止めて活かしていくかにかかっている。

何がいいたいかとまとめてみると、
あんまり難しく考えずに、楽しくいきましょう
そんな感じです。はい。


20120826-2.jpg

人との接点
自営業者で毎日家の中に居た自分にとっては
最初の数週間こそ、ひどく落ち込んだり、猜疑心に
さいなまれたりしたが、今は毎日いろんな人と
お話できるのが楽しくて仕方ない。

働きすぎてストレスを溜めてきた自分にとっての
いい休養期間になっている。
そして、精神病院へ入院するという、自分にとっては
前代未聞のビッグイベント(笑)。

でも、今まで思っていたのとはまったく違い
精神病の患者さんは皆とても心が綺麗で
優しい人が多い。

そして、溢れんばかりの才能を持っている方が
多くいらっしゃる。

つまり、僕自身が自身も軽い精神病であるにも
かかわらず、重度の精神病患者さんに対する偏見を
持っていたということでもある。

今の僕の予想では、病気が重ければ重いほど
本来は素晴らしい才能を持っている方で、まだ
それが開花していない人なのではないだろうか
そんな 素敵な想像をしたくなるような毎日。

いつまで入院できるんだろうか、
あまり長居したいとも思わないが、今すぐ退院するには
ちょっと名残惜しい気さえするする今日この頃。

ここ精神病院では、年齢の上下にかかわらず、フランクに話せる人が多い。
おそらくその理由は、自分が他人より上であるとか、下であるとか
そういう優越感や劣等感を持っている人が少ないためであろう。
たとえ、そういう感情があったとしても、そういう感情を持っている自分に
対して、罪悪感を抱いているような人が多いのではないだろうか。

病気を治すためには、罪悪感を開放したり、
そもそも、人との比較などというつまらぬ物差しを捨てることが
一番なのだと思うのだが、精神病者・健常者にかかわらず
そのものさしを捨て去ることは難しい。

人それぞれが、いろんな色のものさしを持っていて、
互いにそれを見せ合って、人のものさしを
愛でる様な、そんな空間が生まれてほしいと願う。

生きている
意味があるかわからない取り越し苦労をしたが、
そんなことより、今生きている。そして心配についてはこれからの
行動で変えていけばよい。そんな当たり前に気づいた。
今、生きている、この素晴らしさに感謝!!



未来
まだ、まったく想像もつかないが、きっとこれまでより
素晴らしい未来が待っている。そこをめがけて前向きに、
何事にも取り組んで行きたい。
まずは退院だね。そしてそれまでの間、ここで出来る事は
何であるかをゆっくり考えたい。
きっとここでは休養するのがBestなんだろうな・・・
そうだ、まだやり残した未来がある♪




会話
今日で入院してほぼ一ヶ月が経つ。そして、今日はじめて
患者さんと心の通う話が出来た。お互いどんな立場なのかは
良くわからないが、深い部分で通じ合えたような気がした。
やはりここは賢い人たちの溜まり場のようにも思えてきた。
感受性の高さはずば抜けているんだろうなぁと感じる。