FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



a
a
スポンサーサイト



e
e

b
b
受けた行為
生きてるといろんなことがあるんだなぁと思わずに入られない今日この頃。
くわえて、切羽詰まったときこそ、その人の本性というのはあらわになるもんだなと。

だから、きっと僕は 少し皮肉混じりの駄洒落オヤジということなんだろう。。(笑)

ただ、心地よい相手とばかり、つき合ってたんでは、あまり楽しくない。
それは快楽というといいすぎであると思うが・・、なれあいなのかな・・
すんません。適切な日本語浮かばんです。


いやだなぁ と思う相手から、後々考えるとずいぶん刺激を受け
自身の成長を助けてもらったと感じるときもあるし・・


なんでかわかんないけど、そういう相手と腐れ縁になってる場合もある。
なんでこんな奴と友達なんだろ と思いつつ長続きしている友達は、
自分も気づかない間に、相手の中の魅力を感じとっているのかもしれない。

循環
雨が降り、地表を濡らし、地下に伏流する。
一粒一粒の雨粒は、多くの友と出会い、地下水になり、湧水する。

やがて、川という名の流れに変わり、微生物や、お魚とであい、
木々たちにとっての生命の泉となる。

また別の名前の流れと出会い、大河となり、海へ注ぐ。

山の恵み、海の恵み、空気の恵み、風の恵み、かほりの恵み。
様々な恵みが生き物たちに喜びをあたえる。

太陽に照らされ、水蒸気は雲となり、個性豊かな形を作る。
時には、雨となり、また地表へと戻ってくる。


そんな心地よい循環を、外から眺め、いろんな命の
息吹を感じることができたら素敵だろうな。

出来たら、空きな音楽でも聴きながら・・・


友達になってもらえるかな。。


K & C が流れてる。

20120626-1.jpg

痛みについて
虫けらみたいな心臓で、なにかあればビクビクする人間でも、
弱いものいじめする奴は大嫌いである。

無意識にそうなっちゃってる場合は、ある程度許すけど、
単純に自分の状況をベースに、自分に不都合が生じるからといって
当り散らしている人を見ると・・・

もう、本当に切れてしまう。

そういうのには非常に敏感な気がする。

結局、綺麗事言ってたところで、自分の損得勘定で動いてるんだよね。
そして、自分は誰かより優れていると思い込んでる。


思い込み自体はいいことだと思います。
ただ、謙虚さを欠いた思い込みは、過信。。
無神経、非繊細へと繋がってしまうのではないかと思います。

それが、最終的に自分の恐れとなって帰ってきそうな気がするので、
いつか気付くことになるとは想うのですが・・・


そんなことを、先日、乱雑に刈り取られた木々を観て
ふと思いました。








20120625-1.jpg

水面から伝わる響き
まだねむいんだけど、少しだけ思うことを書いてみたくなった。
生きていると、いいこともあるが、嫌だなぁ、悲しいなぁ、辛いなぁ
っていうことも一杯ある。

9嫌なことがあって、1うれしいなと思えることがあるだけで、
あわせて 0に持っていけるぐらいノーテン天気だと、幸せなんだけど。

なかなかそこまでプラス思考になるのは難しい。
お金がある、地位がある そんなことも、きっと大切なことだと思う。
と同時に、好きな人がいる、ただそれだけで、人は幸せだと思い込むこともできる。

疲れきったときは、ゆっくりやすめばいい。
貴方のつかれに気付いて、優しい声をかけてくれる人もきっといる。

綺麗なもの、醜いもの、普通なもの
なんでもかんでもあわせて、存在する。それがごく自然な状態だと思う。

嫌なことばっかりがあっても、少しだけ何かの弾みで、前向きになれたなら、
少しずつ、自分らしく、自分を好きになれるんじゃないかな・・

そして、誰かの発する うれしい・たのしい・かなしい・おこった・すべった?(笑)
そんな 声なき声に耳をすまして、誰かの幸せを願ったり、
自分の疲れを癒したり・・・、そんなことができるだけで、
少しは 幸せになれるような気がする。




幸せな子孫へ
僕に命を授けて下さった方(神様?)、そして妻と巡りあわせていただいたこと感謝いたします。
そして、可愛い娘を二人を授かり、相変わらず、馬鹿ですが、なんとか親をやっています。

子どもとともに、子供の頃のような素直な心で、人の気持ちを出来る限り想像し、
でしゃばらず、手を差し伸べられるような大人になれたら、そんな想いでおります。


科学技術の発達により、便利さ=良いものだ。速さ=素晴らしいことだ。
という風潮の世の中ですが・・

速さ、利便性だけを重んじるのではなく、
優しさ、相手を想う。そして同じように、自分の内面を見つめ
いたわることが出来れば、きっと無用な争いはなくなり、
幸せな未來、子孫たちに誇れる未來を築いていけるのではないか。

その為に自分に出来ることを試行錯誤しながら、足元から一歩ずつ、
自分のペースで進んでいきたい。

明日は土曜日。週末です。
かけがえの無い家族、その家族と過ごす時間を存分に味わって、
遠い先ではなく、すぐそばにある未來に・・・


子どもみたいで、アホなんで、
人が好きなんですよね。

ダジャレが世界を救うかどうかはわかりませんが、
自分一人でナチュラルハイぐらいには、なれるかもしれません(笑)






20120623-1.jpg

つたわれっ 行動する。
これも気の迷いで アップを一旦中止してたので、再アップ


妥協しない。夢ばっか語らない。
現実と向き合う。

今、眼の前で自分が対処したい、影響を及ぼすことが出来ることに
最善を尽くす。

健康に留意する。

時には息抜きして笑う。体をほぐす。人のことに思いを馳せる。

ストレートなのは、格好良いかもしれないが、ひ弱でもある。



20120618-1.jpg

攻撃性とその内面 夢想編
6月17日にアップしてた記事、気の迷いで消したのですが・・再アップ


人がなぜ怒るか。
それについてよく考えさせられる。

僕はガキの頃から、理不尽な出来事が家庭の中で起こっていて、
それについて、憤っていた。
ただ、軽はずみに、自分の感情をぶつけてしまうと、
一時的な無意味なダメージを自分が受けてしまい、

自分がその怒りの手前で、やりたいと考えていた、自分のことを
する時間さえ削られてしまうということも、何度かの経験の中で学んだ。

結論として、どういう行動をしていたかというと、
逃避していた(笑)

まぁ 笑い事じゃないんっすけどね。色々実害もありましたし。

フランス語辞書は3度か4度購入しましたよ。
経済的にも恵まれてなかったので、僕をかわいがってくれている
親戚のおっちゃんが 3冊目ぐらいの辞書を買うお金くれました。
非常にありがたかったです。

といいつつね、別に勉強が大好きでもないし、特に語学なんて興味ないから、
なかったら困るけど、必死にその辞書を使ってたわけではありません。

僕が好きだったのは、化学です。かなり得意でした。

昔とった京塚昌子 っていうんでしたっけ?



で、本題。
逃避して、努力して、自立はしました。
経済的にも、たぶん、社会的にも。

でもね、自分の内面という事においては、葛藤の連続で・・
それで、実家からは逃げ出して自立したのですが、
困難に対する察知力というか、吸い疲れやすさが 半端なく優れているんでしょうね(笑)

現在も葛藤継続中でございます。はい。



でね、僕はそんな怒ることはないんですが、あまりに理不尽なことが目の前で繰り広げられると
どうしようもなく憤ってしまいます。

ただ、毎日憤ってたら、自分が怒りっぽいバカになっちゃうので、我慢します。
そうすると、知らぬ間に、ストレスが、内面に向けて攻撃をはじめるんですね。たぶん。
体調を崩します。

ほいで、体調も崩すんですが、平素は我慢できていたような、外部の怒りにも
ブチッと猛烈に切れてしまったりします。


そのターゲットとなった相手は、いきなり切れられた という思いが強いようで、
お前の方が 頭おかしいんだよ! と言わんばかりのセリフを言うことがよくありますね。


で、そういうことを繰り返し繰り返し、体験していると、
怒る人の内面を想像するわけです。


なんで、こんなつまらんことで、こんな必死になって、相手も疲弊させ、自分も
疲弊してるんだろうって・・


僕には理解できない、深い理由がある可能性はありますので、あくまで
今僕が想像する、仮定の話ですが、書いてみようかと・・



どういう状況でそうなったかはさておき、よく切れる人というのは、
何かしらの激しい葛藤を内面に抱えていて、早くから冷めた目で世の中を眺めていて、
社会全体を分かった気になって、その後の努力を怠り、天賦の才に頼ってのみ生きる。

でも、結構そういう人って、才能あるんスよね。
なので、認められちゃったりするケースもあると思います。

逆に、認められないケースはどうなるかというと、
責任転嫁の大王様になるんではないかと・・


もちろん、本人がなにもしていないというわけではないですよ。
必死に努力はしてる。でも、それ、きっと本当に本人がやりたいことかというと
そうじゃないケースが多いんではないかと・・・

僕もそうだったからわかるんですが、自身に内包されている葛藤と向き合うことを
徹底的に忌避している。そんな感じがします。


で、閉塞感の漂う日本。(日本だけではないと思いますが・・)
そういう、怒りっぽく、一見才能有りそうなんだけど、自分に自信がないくせに、
威張り腐っている人たちが、支配しているような気がします。


教育とはそういうモノなのか、それとも、真面目にものを観察し、
与えられた知識ではなく、自分の目で感じて、その内面を想像する事。
そういうことは、元来、人間が得意ではないのかもしれません。


なにをしたら、そういう人が自身と向き合ってくれるようになるのか、
逆に、僕みたいな逃避キャラの人が、どうやったら、うまく怒りを消化し、
内面の葛藤を昇華していけるのか・・・

その辺が僕のこれからの課題です。





20120617-1.jpg

信じる
馬鹿みたいですけど、自分自身のこと、自分が信じたいと
思う人のことを信じてみようと思います。

まぁ 馬鹿ですからね。。。(笑)



20120621-1.jpg

仲間
混沌とした世の中で、なにが真実なのかさっぱりわからない状況だと
考えている人が多いのかもしれません。

もしくは、なにかの出来事に対して憤っているのかもしれません。
もしくは、嫌なことがあって落胆していたり・・
まぁ 落胆している人はこんなブログなんて読まないでしょうが・・・

そもそも、真実ってなんなんでしょうか?

ぼく、よくわからないです。


そもそも、もしそれが分かったとして、それがどうしたというんでしょうか?

それすらわかりません。


自分が生きていくのはなんのためだとか、社会でこんな役割を
していくのが使命だとか・・・
そういうモノを模索していくのは、素晴らしいことだと思います。

僕もそんな感じでなにかを追い求めてきたような気がします。

でも、別にもうそんなんいいかな と最近思い始めました。
自分の好きなことをする。 家族と楽しく過ごす、気の合う仲間と
楽しく過ごす。

そして、お互いの行ったことや、発言に対して、いい意味での
振動を伝え合えば、それだけでいいのかな と

ふとそんなことを考えました。





20120620-3.jpg

ほんの少しの変化
そこそこ長い間生きていると 自分のような単細胞で、すこし思慮にかけ、
なにか事があるたびに一喜一憂する自分でも、ほんの少しは変化している。
そんなことを感じます。

悪い方に? とか そういう指摘を受けるかもしれませんが・・・(笑)


幸せというのは 誰かが与えてくれるもの、自分が外的要因によって
得た物理的なもの、感情的なものをベースに得られるのかなと思っていましたが、

どちらかというと、自分の心の中から自然発生的に出ずるものを
感じ取ることなのかもしれませんね・・・・




20120620-2.jpg

情報とは
ITに関わる人間としては、情報というキーワードは非常に気になるものである。
何でもかんでも キーワードさえ放り込めば、関連情報が出てくる。

それも、個人の購買情報やメールのコンテンツなどを含めた
趣味趣向に合わせた情報が 上部にリストアップされる。

便利な時代ですね。


馬鹿と鋏は使いよう ではないですが・・

手軽に入る情報も楽しいですが、五感を活かして
自分で感じるというのもたまには取り入れるほうが
より人間らしい生活が出来るのかもな・・ ふとそんなことを思いました。




20120620-1.jpg

うつろい
人間として、日々生活を送っていると、非常にいい人の瞬間もあり、せっかちな瞬間もあり、気弱なときもあり、勉強熱心なときもあり、ニコニコしている時もあり。

人がなぜ、僕と友達になってくれるのか、それはさっぱりわからないが・・
逆に言うと、自分もなぜこの人と友達なんだろうかというのもよくわからないケースもある。


学生時代の友で、馬鹿だなぁこいつは と思っていて、相手も逆にお前は馬鹿だよと思っているような相手でも、長年関係が続いていたり。逆に、学生時代は仲が良かったのに疎遠になってしまう友もあり。


少し前までは、人からどう思われるかというのを、随分、気にしていたような気もする。若い頃よりは当然その量は相対的に減ってはいるのだが・・


どちらかというと人間関係において、一喜一憂してしまう自分であるが・・
少しそれも減ってきたのかな。それと同時に、自分の不甲斐なさに対しても諦めがつくというか、少しづつではあるが受け入れることが出来るようになってきたのかもしれない。

安定しすぎた人というのもある意味面白味がないだろうと思うので、
うつろいやすい感情を楽しみ、そこから産み出されるなにかも楽しみながら・・





20120612-3.jpg



テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

言行不一致がもたらすもの


体調がいまいちなことと、それと並走するような仕事の進捗。
そういうことにいらいらを募らせつつ、外面はさておき(笑)、内面は綺麗でありたい
という理想論だけが先走っていたためであろうか・・

言行不一致な行動をする自分に、自己嫌悪。


自身に内包される闇の部分に対する理解が欠如しているというか・・
闇の部分とうまく折り合いをつける方法が分かってないのだなぁ・・
青いなぁ と自己反省。





20120611-1.jpg

テーマ:とほほ・・・な日々 - ジャンル:心と身体

晴れと雨のスキマ


雨音と鳥のさえずりを聞きながら、散策&ストレッチをしてきた。
梅雨らしい雨の降り方で、木々も小鳥もほっとしてるような、そんな空気が漂っていた。



P.S.
iPhoneのカメラ、全く思うような色が出ない。
なんかいいソフト無いのかなぁ・・



20120609-1.jpg



テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

怒りがもたらすもの


元来、怒るという事はめったに無い。
いや、厳密に言うと、それを表に表すような行為はめったにしない。

どちらかというと、外敵環境から得た、嫌な気分、悪意、猛烈な無配慮
そういうモノに対して、自分の中で消化してしまう傾向にある。

それが知らぬ間に、自分の内面を攻撃し、少し体調を崩すなどの
症状として現れることは多々ある。

つまり、消化も昇華してないのね(笑)


喜怒哀楽

ということばのうち

喜哀楽

はどちらかというと得意だ。


怒り に対する表現が下手くそなんだなと思う。
あまりうまくなっても仕方がないのかもしれないが、
貯めこんで自分の体調を壊すぐらいなら、理不尽な相手に
その場でストレートにその想いを伝えるほうが、
両者にとってもプラスなのかもしれないな・・・

そんなことを考えたりしました。






テーマ:健康第一 - ジャンル:心と身体

何を信じるか


何を信じるか


そんなキーワードが頭に浮かんだ。
世の中でいいと言われてるもんなんて、くそくらえ。。

じゃあ 何を信じる?

神様か?

そんなものいないわな。
信じることの出来る人を探す?

仮に見つかったして、それが長続きする?
そして、その状態って楽しいの?


世の中を俯瞰してみたつもりになって、悦に入ったところで、
自己満足にしかならんし、特に役には立たない。

ただ、知らないよりはいいか・・ぐらいのレベル。

じゃぁ 結局なに? あきらめる?

それは嫌だよね。少なくとも僕は嫌だ。

じゃぁ なんの役に立つかわからないけれど、自分の出来る
得意なことを伸ばそうか・・・

で、伸ばしてどうするの?

誰かのために、役に立ったらいいなと思う。

ただ、もし自分が素晴らしい発明者であっても、それを使う人の
心によって、発明品は意味のないものにもなり、害悪を及ぼすものにさえなりうる。

じゃあ やっぱりあきらめる?



いいや、あきらめない。

自と他。
それがあって関係性が生まれる。
自分でひとりよがりになったところで、なんの役にも立たない。
誰かが評価してくれなきゃ始まんない。

ただ、他人の評価を気にしすぎると、今度は主体性がなくなるだけ。


誰かが欲するであろうもの、あったら、少し幸せになるものと信じこんでるもの。
そういうモノを産み出す。
それは、一過性で儚いものなのかもしれないが・・


自分を信じる。人の心の中にある良心のようなものを信じる。
突き詰めたところで答えなんかないことは承知の上で。











テーマ:思うことをつれづれに - ジャンル:心と身体