FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



雨ときどき風、時々晴れ・・・
ここ最近は一日の間にめまぐるしいほどに天気が移り変わる。

自分の内面とその事が妙に重なるような気もする。

今日は大雨、風、そして、晴れ間が出たかと思えば、また雨模様。
今は雨が上がり、心地よい風が吹いている。

晴れも雨も、朝も昼も夜もあってひとつなんだろうけど、
晴れや朝がいい そんな風に願う自分もいる。

明日から、4月。

来季も、雨降りの時にも弛まず努力を重ね、
自ら 晴れ間を引き込めるようになりたいもんです。






スポンサーサイト



テーマ:生きているということ - ジャンル:心と身体

ススメっ ~ 時にはひと休みしながら
ある曲を聞きながら20年ほど前のことを思い出していた。

人の弱さを心から思いやることも出来ず、自分がある面において
優れている。そのことだけで、自分は安心しているというか、
どこか選ばれたもののような気持ちになっていたのだろうか。
今から考えると馬鹿げているが、当時はそんな気持ちだったと思う。

人から与えられた価値観、社会が創りだした価値観、それに対する自分。
そういう物の見方しか出来なかった。

今も、もちろんそういう部分はたくさん残っているとは思うが、
そうでない部分によって、自分自身を安心させることも少しは
出来るようにはなったのかもしれない。

自分を信頼する。
自分らしい特徴をしっかり固める。
もちろん社会の中で生きていくために、人からの評価というのは
必要であるとは思う。


誰にでもある弱さと強さ。
弱さを切り捨てる、目を伏せる、必死に克服しようとするのではなく、
受け入れて、自分の特徴を活かし、楽しみながら、そして
時には苦しみもがきながら

すすめっ 、一歩、そしてまた一歩。









テーマ:思うことをつれづれに - ジャンル:心と身体

よわさ
慣れないことに挑戦する。そんなことがあるたびに、
先走って心配し、体調を崩すことがある。


いざ踏み込んでみると、多少の苦労はあるにせよ、最初に思っていたほど
難解でもなんでもなかったりすることが多いのだが・・・



自分が傷つくのが怖いから、そんな風になるんでしょうね。

ここ一年程は、よく体調を崩した。
逆にその前の4~5年は、大して体調も崩さずに過ごしてきたような気がする。

自分の想像の範囲内のことしか、やってこなかったということなのかもしれない。



まぁ いっかぁ。。 多少の苦労は。
苦労する分だけ新しいものに出会えるという事でもあるし。
苦労する方が楽しい、そういう感覚が身につけば、どんどん新しい自分に
出会えるのかもしれませんね。

もちろん、手堅くきっちり足場固めすることも大切だとは思いますが・・・







テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

ことば


言葉を得たひとが、得たものはたくさんあるだろう。
言葉を得たがために、余計な影響を与えることもあるだろう。

と同時に自分も余計な影響を与えたり、与えられたり。

日本語という言語一つも、僕はまともに操れないが、
地域、種族の違いによる多様性のある言語は楽しいなと感じる。

同じ言語を使う予定の、言葉をそれほど話せない、小さな子供たちと
ふと、目があって、少し微笑んだだけで、お互い心地良くなる。

自分の専門分野であるITには、非常に良い面もあるが・・
数値の一元化、過度な速度上昇、情報の一元化、等々
一見好ましそうであるが、それが行き過ぎると

・・・・?? と感じてしまうようなこともある。

何事も 使い方次第。

それをどういった気持ちで、使うか。
負の側面を知っておくことも大切だが、その面ばかりクローズアップして
しまうと、疲れてしまう。
正の側面を意識し、楽しむ。
そして、違いのある何かと出会うことを歓迎する。

そんなふうになれるかな・・・
と自分に問いかけてみる。








テーマ:痛いよ。 - ジャンル:心と身体

ひと

ある人ともう会うことができなくなった。
そのことを知ったのは昨日。


・・・ 
・・・・・ うまく言葉が出てこないな。。。。








テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

わからないことに集中する

春が来たかと思えば、冬へ逆戻り・・・
体調など崩されていませんか。



僕は、一足先に(3月上旬)一度2日弱くたばったので・・・
おかげさまで、体調は崩さず、そこそこ健康な日々を過ごしています。


友のおかげで、不慣れなジャンルに対する仕事をせっせとこなす毎日。
こなすというか・・・、分からない部分は必死に頭をひねったり、
あぁ あの部分分からないんだろうなぁ・・と、頭の片隅に起き、
ほんの少しのドキドキ感を内包しつつ、意識から理性で消しさり(実際には
全く消せてないが(笑)・・)
分かることをとっとと片付けていた。


ここ数日は、さすがに分からない部分にも手をつけなければならなくなり、
具体例を想像し、紙に書き出し、あぁでもないこうでもないと、試行錯誤。

まず、具体例を書き出すまでに、全体が見通せないために、
具体例を書く気にならないという、頭でっかちな悪循環のもやもやもあったが、
少しの 無駄な悩みのあと・・・
紙に書き出してみて・・、それを見ながらさらに想像し、
再度調整した具体例を書き出してみて・・・

ぼんやりと、少し明かりがミエル状態になった。


次に、その分からない部分に作用する、周辺の部分の機能を考え、
その周辺機能がどのような作用を及ぼすのかを、これまた
具体的に書き出してみる。


習うより、慣れろ。

なのかもしれない。実際にあれこれ具体例を書き出してみて・・
外部要因により、核となる部分(今回の曖昧な部分)がどのように
変化していくのかを具体的に書き出してみると、
初歩的な想像力の欠如も発見できるし、想像の働かせ方の
ルールというか法則も分かってきたりする。

つまりは、分からないことに関しては、つべこべこむずかしく考えず、
さっさと試してみるがよし。という事なんですね。
当たり前すぎますが、実践するのは難しい。



簡単に想像できる範囲のことを、こなしていると、気は楽で、
はかどりもしますが・・・
成果物を生み出すということには役立ちますが・・・
自己が変化するということにはあまり関係がないため、
一時的な達成感は得られるものの、妙な焦燥感も同時に
得てしまったりします。

もちろん、考え方次第で、もう少し楽天的に捉えることもできるかとは思いますが。



ただ、毎日同じようなことをして過ごすより、日々、
少しでも変化を感じられるように過ごすほうが、僕は幸せです。

ただ、そう分かっていても、なかなかできないんですよね。
ちょっとしたコツとかがつかめるといいな、なんて思いますね。




テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

仕事中毒
先週まで、納期に間に合うかどうかと、汗汗;しながら仕事をしていた。
週末に何とか間に合うんではないかという予測がついて、ほっとしたのか・・・
疲れがどっと出た。

昨日はたまたま来客があり、夕方から全く仕事をせずにそのまま眠った。
睡眠時間は足りていても、いつもは眠くて仕方ないのだが・・・
今朝はすっきり目覚めた。

朝から晩まで、仕事のことばっかり考えてるのは
やはり体によくないみたいですね。

たまに 休みを挟むことの重要さに、改めて気付かされました。






テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

ギリギリは好みでない


先に起こるかもしれないことを予測して、あれこれ不安になるのは体に悪い。
そのことに変化を起こす力を全く持っていないなら、どうしようもないが・・・。
変化を起こす力を全く持っていないなら、そもそもその不安の裏にある望みが
現実に即していないということになるのだろう・・・。

今ある不安は、純粋に時間内に納品物を作り上げることができるかという
ごくごく普通な内容なので・・・

うだうだ あぁーだこうだ考えるより、出来ることをさっささっさと
片付けていくのが手っ取り早い。

そもそも、ギリギリで間に合わせるというのは、得意ではないタイプである。
120%努力して80%ぐらい力が出せたらそれでいいか、と安全な方を好む。


そういう思いで、ここ一週間ほど、若い頃のように、朝から晩まで
集中していた気がする。

少しずつ山を崩して・・・ 随分見通しはよくなってきた。
もちろん、まだ不安要素はあるにはあるが・・・


子供は おもしろそうだと思うことに感しては、
何度でも何度でも繰り返しの動作をする。
最初は全くダメでも、知らぬ間に出来るようになっていたりする。

誰にうえつけられたのか、それとも自らが何かに適応しようとして
身につけたのか定かではないが、少なくとも現時点では、
これが出来たら楽しいだろう、より、これが出来なかったらどうしよう 
という思考に至ることが多い。


もっと楽しんだらいいんだろうな・・・
キツイことも、不安なことも、普通なことも。

明日からも気合をいれて楽しんでいこう!

テーマ:自分にできる事から - ジャンル:心と身体