FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



自分を自分に近づける

昔好きだったマイケルジャクソンの映像を見ていた。
英語という言語なら、真剣に聞くか、もしくは詩を読めばわかるのかもしれないが・・
音、つまりは人の声は、それとは違う角度から、何かしらのメッセージを伝えてくれている
ような気がする。

思うようにいかないこと、思うように行動できない自分に
少し、嫌な感情をいだきつつも・・

そういうネガティブなイメージも自分の一部だと認識し、
自分のことを暖かく迎え入れることができるような自分。

そんなモノに憧れる。

マイケルの20年ほど前のアルバム Dangerousの Heal The Worldという曲の冒頭で
彼が伝える言葉・・

Think about the generation ....

and....


はっきりと歌詞は思い出せないが・・
現在・過去・未来  それをつなぐ今がここにある。

そして今を大切に想い、他者を思いやる心を忘れない。
そんな綺麗事ばかりの人生ではないが・・、自分がいかなる状況にあろうとも・・
利己のために生きる人間ではなく、利己+周りとの調和もしくは
余裕があるときには良い空気を少しは送り出せる人になりたいもんだと思う。


近頃の自分と重ね合わせると、マッチしていない様な気もするが・・


自分の理性と、自分の深層心理が乖離している状態でも、
おおらかに そんな自分を受け入れることができるようになれたら・・
そんなことを、ふと思った。



20110126.jpg

スポンサーサイト



テーマ:Happyになるために - ジャンル:心と身体

内側
Blogには、きっと少しきれいごとを書いている。
少し適切な表現ではないか。

書いていることは、感じたことであり、それが嘘というわけではない。
ただ、人が聞いて心地よい、もしくは、良いことを言っているような気がする
という観点からみて、自分の中でOKが出せるものをアップしてるのかな。

本当は、文章を書くまでに感じた、ドロドロした葛藤のようなもの、
その過程で抱いたネガティブな感情も存在する。
そういうものは、あまり具体的になりすぎると、ダラダラと駄文になるし、
イメージも湧きにくいかななどと・・ 思い、サラッと書いてしまっている。
これまた少し、綺麗に見せようという意図が働いているのだろう。

ポジティブ・ネガティブ両面存在するのが人であり、
それを含めて自分を受け入れる。
特に敬遠しがちなネガティブと うまく付き合っていく。

そんなことがもう少しうまく出来るようになるといいな。




テーマ:生きること - ジャンル:心と身体

家族、親族、友達
彼らに対する感謝の念をふと思い出す。

何気ない日常で、心を揺さぶるような嫌なこと、
そうでもないごく普通のこと、無我夢中で何かに取り組んでいるとき。

いつ、それがやってくるのか、自分でも、よくわからない。

ただ、心地よい。

自分を磨いていけますように、家族が健康でありますように、
少しでも多くの笑顔が産まれますように。







テーマ:小さな幸せ - ジャンル:心と身体

壊す

年末の片付けをしていた頃から、モヤモヤ気になって、
大掃除が終わってから、そして年が明けてからも、ある技術的な
調べ物をしていた。

合わせて10時間近く調べて、試行錯誤を繰り返したが、
全く思ったような結果が得られない。


細かい話をこんなところに書いても仕方がないので、
ざっくりしたイメージで言うと、既に動いている(機能している)ものがあり、
それはそのままキープした状態で、違う機能を盛り込むという試み。

納得いかないなという気持ちと、誰に頼まれたわけでもないので
焦る必要性なんてないのだが、なんか少しそわそわするような気持ちもあった。


6日頃から、仕事を再開し、正月で完全に鈍った頭を再起動。
仕事で進めたい部分が、ある程度出来たので、年末のもやもやを
とっぱらう為に、調べ物を再開した。

なんとしてでも解決したい。その気持ちが強くなったのか・・
今あるものは 多少壊れてもいいや・・・
そんな気持ちであれこれ試行錯誤した。

やっと、やりたかったことが出来、かつ、既存の機能も
試行錯誤中に一時機能しなくなったものの復活した。

おまけに、もともとやりたかったこと + αの収穫もあった。


自分的にはかなり満足なのだが、ここを読んでくださっている方にとっては
技術的すぎて、もし内容を説明し、理解出来たとしても、「それがどうした・・」
と言われるような内容なのかもしれない。


なんとなく書いてみたいなと思ったのは、
既存のものが壊れることにビクビクして、新しいものに
チャレンジしなかったら・・、やっぱ人は進歩しないのかな、
今回のことはホンノホンノ小さな、それも技術よりの話だけれど・・
ジャンルを問わず、一歩 恐れを振り払って、何かを始めるということは
気持ちの良いことですね。




20120108.jpg

テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

受容

新年、明けましておめでとうございます。

格好よくあれこれ書いてもみたいが、
そもそも表面的に格好良くあることが目的ではないので、
そんなことはお構いなしに、年始に思ったことを
何となく書いてみる。

正月らしい、そんな日々を過ごしていたが・・
ふとした時間のスキマに、どこからともなくやってくる、
せっつかれるような感情、
または焦燥感にも近いような何かしらの不安。

こういうときに、それを押さえ込むように、目先の
身になることなんかに取り組んだところで一時的な
麻痺状態は作れるんだろうけど、あくまで一時しのぎに過ぎず・・

だから無為に過ごすのか、というと、それはそれで
意図的に無為にする≒無為ではない ということにもなり・・

そもそもこういう事をあれこれややこしく考えていること自体が
自分の中に無意識に働く思考回路があるわけで・・

この回路の制御を少しでも自分の意識下に置くことが
本来は好ましいのかな。

で、そんな難しいことを正月そうそう考えたくないので、
小説でも読みたいなと思ったが、本棚を覗いて、
読んでいないなと思う本は、現実離れしたような小説の
類ではなく、現実の中で真実らしきモノを探ろうとする
類のモノであったり、実学的なモノであったり・・・


で、たまたま見つけた昔々に読んだ心理学系の本が
あったので読み返してみたりしていた。


そこで感じたことは、不安をはねのけるためには、
自分の優位性を増すなどはほとんど意味が無く、
やはり、「今の自分の状態をそのまま受け入れる」
そういう心持ちになることが、出来ないとね
と改めて思う。

言葉で書くと非常にシンプルなことなのだが、
これを実践することは、少なくとも僕にとっては
非常に難しいことである。

生まれもった遺伝子がそうさせるのか、それとも
幼い頃に記憶に刻まれた過去の体験が、自分の思考の指向を
形作ったためなのか・・

もし、後者が正しいのであれば、自分の子供達には
そのような思いをさせないよう、無条件に受け入れる、
無条件に愛する、そんな当たり前のことが大切なのかな
などと思ったり。

その状況を体験した上でこそ、本来自分がもっている
可能性をより活性化した状態で、多くの努力や経験を積む
ことができ、
遠い視点で見たときに
良い意味での ふわっとしたあたたかい 空気を
世の中に送り出せる、そんな感情を持った物体(人)に
なれたりするのかな、などと思いました。





テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体