FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ある種の強迫観念
なんだかんだで、めちゃくちゃ体調を崩しながらも・・・
無理矢理仕事を続けていたら、何とか乗り切れて、それなりに体調も回復しつつある。

ようやくプロジェクトのメンバーとも馴染んだなと思った頃に、お別れ。

少し寂しいが、別れもあれば、出会いもあると・・・


仕事の話を、あまりこのブログに書くつもりはないのだが、
今回のぐたぐたの体調で望んだ仕事、全く知識が薄い範囲だったという
言い訳をさておいても、なんだか、今3歩いや今5歩 ぐらいな感じであり
納得は行かないが・・・

別の意味で、よくこの体調で乗り切ったなという思いも相当強い。


とはいっても、なんかもやもやとはする。

役立ちたいという純粋な想いと、おそらく役立たなければならない
という自分に内在する固定観念が交錯している感じ。

固定観念に関しては、ある意味強迫観念にも近く、かなり不健康でもある。
こういう観念は、知らず知らずのうちに小さい頃から培ってきたモノなんだと思う。

これを取っ払いたいな と思うが、どうすりゃいいのかな?


目標点を目先に置きすぎているのが、原因なんだろうか・・・


まぁ 性格の問題なんだよな、きっと。
リラックスして楽しむ、そうなれるように、何かの糸口をみつけることを
含めて楽しみだと思えるほど楽観主義になれたらいいなと思うが・・・







スポンサーサイト



テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

あたりまえのことに・・・

当たり前に存在すると思っているモノに感謝。
特別なモノを過度に求めず、自分の足下から一歩一歩
固めていく着実さ。

それに気づける心。

明日から、今の仕事の最後の仕上げの一週間の始まり。
きっちり悔いの残らないように、やらんとね。

テーマ:モノの見方、考え方。 - ジャンル:心と身体

一歩
とにかく休みの日は眠ってばかり。
逃避とかそういうたぐいのモノではなく、純粋に体力がキツイ。

自分以外のモノに対しても若干視野が広がると、楽しそうだな
という思いがわいてくる一方、焦燥感のようなモノがあるのも
事実である。

一歩。
ゆっくりで良いから、一歩、そんな感じ。


一日でたくさんの笑顔をくれた娘達、家事を取り仕切ってくれる
嫁さんに感謝。

テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

心に歯車があるなら
先程の続き。。。

もし心に歯車があるとしたら、きっとその頃に1つか、2つ
磨耗しきったか、どこかへ弾けて飛んでいってしまったんだろうな。

それからというもの、人に心を開くこと、自分に心を開くことが
急にできなくなったような気がする。

最初はそんな感じだったと思うが・・・、そこから、動きが完全に止まった。
休みが必要な時期だったのかな。


そんなタイミングに新しい出会いがあり、仕事をいただけることになった。

歯車がない状態での仕事。
根拠のない不安と、焦り。
身体は休みを欲しているのに、無理やり仕事をしてみた。


きつかった。いろんな意味で・・


あらゆる能力を喪失したような状態にも近く、恥を晒しながら、仕事をしていた。
不甲斐ない自分に自己嫌悪をいだき。


その仕事もそろそろ一段落。

なくしてしまった歯車が最近、やっと見つかったのか・・・
それとも代わりのが再生してきたのか・・・
よく分からないが、


少し心が動き出した、少し。


動き出した心は、「感じる」 そのことを少し思い出してきた感じ。
楽しみも少し感じる一方、辛いことも感じる。

でも、また動き出したい。そんな感じのこの頃。






テーマ:小さな幸せ - ジャンル:心と身体

心の歯車
震災の3~4日前、それまでのハイテンションさが嘘のように、ひどくふさぎ込んだ。
妻子の外出中に、色々考え事をしながら、無理に涙を流そうとしたのを思い出す。
辛い感情を吐き出してしまえば、きっとすぐに元通りに戻ると思っていた気がする。

震災の数日前、いつものように早朝、山へ散歩に行った。

山の頂上付近、谷の始まりの部分にある、吊り橋。
たんなるお楽しみ用の吊り橋で、実用的なものではないが・・・
その吊り橋を意味もなく毎日渡るのを日課にしていた。

その日、その吊り橋が急にバランスを失って、たわんでいたのを思い出す。

それから2日か3日後に震災。

10年以上、お世話になっていた得意先との関係が途絶え、
そこからの振込をベースとした確定申告をするのも今年で最後だな、
なんて感傷的な気分に浸りながら申告書を作成していたのを思い出す。


震災のことを知ったのは、この年になって、申告書を作成中に
親友とも感じられる共とチャットしていたときのこと。

関西では全く、揺れたことすら感じなかったが・・・
彼が揺れが収まってしばらくしてから、らしくないほど
すこしあたふたして状況を話してくれた。


ネットでNHKの中継を観て、津波の恐ろしさ・・・
そしてどれほど多くの人が被害を被ったのだろうかというのを
阪神大震災の時と重ねながら考え、感傷的であった心が、
より締付けられるような・・・


そして原発のこと。
時間的に余裕があったこともあり、ネットで文字情報、動画情報を
漁っていた。
知れば知るほど、どうにもならないような状況を想像してしまい・・・
それでも、情報収集をやめられない自分。

恐ろしかった。
放水活動をしてくださる自衛隊や消防隊の方、そしてその人達の
身内の方々の気持ちを想像し・・・、言葉にはうまく表せないような
感情をいだき、辛くなった。


それから半月ほどした頃から、誰かと話すこと、自分を表現すること

そういった行為が恐ろしくなった。


なんだか長くなってきたので、ここで一旦終了。





テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

悔しい

くやしい。このニュースが本当なら。


郵政株売り復興財源に…衆院代表質問で首相
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110914-OYT1T00979.htm

一部抜粋
郵政改革法案が成立すれば約66%分の売却が可能となる。その場合、売却益は7兆円程度との見方が出ている


経済に興味をもち、このことをきっかけに、非常に多くのことを学んだだけに、言葉を失いそうだ。
去年夏前からうやむやにされていた、亀井さんらが大幅改善したであろう法案がいつか通ると思っていた。いや、信じていたという方が的確かな。


わずか7兆の売却益。そんなはした金のために、日本国債の最大の引き受け手である郵貯が民間にコントロールされることになれば、売却益を復興に云々どころの騒ぎではなくなる。


Blogにくやしいとしか書けない自分がくやしい。

ゆるせん。。。

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

ほころび

帰り道。
疲れているせいもあると思うが、不安な感情がふわ、ふわっと
少しわき上がってきた。

Blog書きたいなと思うのだが、なんか考えがまとまらず、
まぁいいや、とバスに乗り込んだ。

今朝、出かける前にはこうと思っていた靴下が
ほころびていることに気づき、少し時間があったので、
繕い物をしたことを思い出した。

なぜか、小学校の家庭科の授業で、「玉留め」を教わったときのシーンが
頭の中によみがえってきた。
ちょうど、担任の女性の先生がお休みで、カバに似た感じの
教頭先生が「玉留め」を教えてくれた。

教頭先生のキャラと、「玉留め」という全く似つかわしくない
組み合わせが非常に印象に残っている。

家庭科で習った事って、実生活で役に立っていることが多いなぁ。
家庭科だから当たり前か・・・

卵の巻き焼き、授業の前に家で練習したことや、
カレーを作る前に、人参やタマネギをむいたり切ったりする練習したことを
思い出すなぁ。もう何十年も前のことなのに・・・


心のほころびも、ゆっくり「玉留め」を作って繕えたらな・・






テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体

未来
体調はいまいちだが、心は随分と軽くなった。

来月から始める新しい仕事。
これまでは根拠のない不安を抱くことばかりであったが、ここ最近は楽しみだな、そんな風に思えたりする。

気持ちの一番底は越えたのかな?軽めの二番底を叩いてから、徐々に復帰かな。

そんなタイミング。
おそらく人生で一番一緒に仕事してみたいなと思っていた友と仕事をする。

内容的に得意か?と考えるとまぁ自信は6~7割な感じだが楽しんで取り組めそうな予感がする。

人の心は、というか僕の心はなぜこんなにうつろいやすいのだろう。。。
いい面もあるが、沈んだときの勢いが半端ないので、付き合い切れん。
(・・・きっと周りの方がそう思っているだろうけど・・・汗;)



やっとまともになってきた頭で、今の仕事はきっちり仕上げなきゃな









テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

心の感度
睡眠時間は十分にとったが、今日は体がだるい一日だった。
熟睡できていなかったのかな。

去年の年末にある方から紹介いただいた

「満月をきれいと僕は言えるぞ」

を読み返してみることにした。

去年読んだときは読み進めていくたびに、ぼろぼろと泣いていたことを想い出す。

読み返して、人が人に想いを伝えることの大切さに改めて気づかせていただいた。
ただ、ぼろぼろ泣いたりはしなかった。厳密に言うと、泣けなかった。

今の自分が自分の想いを伝えることが、上手に出来なくなっているからかな。
もしくは、人の気持ちを考えるほど、余裕が持てない状況なのかな。



文中に出てきた言葉で今日印象に残った言葉。

「なんでもない日がしあわせだった」


今の自分はいろんな意味できつくもあるが・・・
ここ最近は身近にありすぎて、忘れがちな大切なモノに
気づくことが出来るようになってきている気はする。

なんでもない当たり前のことに、感謝して、
ありがとうと伝えたいな、そう心では思えるようになってきたかな。







テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

信じてみようとおもふ
前回の投稿ではかなり悲観的な展望を書いた。
その前提がある上で、今日の自分がおもふ事を書いてる。


ただ、自分のここ半年近くは、日本の情勢や・世界の情勢に比べて
加速度的に閉鎖的かつ悲観的になっていた(汗;

経済の二番底に向かう直前が自分の苦手なシーズンだと分かりながら、
頭で分かっていても自分をコントロールすることが出来ない状況に
陥っていた。


人とのコミュニケーションを避けるというよりも、現実的に
コミュニケーション困難なほど、心の動きが止まってしまったような
そんな状況であった。

そんな中、慣れない環境で、仕事をして・・・
自分が思う、自分の能力の3割も発揮できずに、
ミスをする、コミュニケーションは不能の一歩手前。


暗い迷路の中を歩いているような気持ちであった。
迷惑をかけていた周りの方々、そして家族に申し訳ないという
気持ちと、自分で自分を許せないようなそんな感覚に満たされていた。

随分とそんな時期が続いたからだろうか・・・
最近、たまにではあるが、一筋の明るい光が見えるような・・・
もしくはそういったことを想像できるような状況になることがある。



こんな自分に対しても、なぜだか、メールで連絡をくれる方がいたり、
信じてくれる友がいた。

なかなか返信を打つ気力がでずに、失礼な状態を続けていることもあります。
この場を借りて、ごめんなさい、そして、ありがとうございました。

余裕がもう少し出来たら、連絡させてもらいます。






世の中の流れに関しては、なかなか楽観視できる状況にはないが、
皆が悲観していたのでは、良くなるものも良くならない。
大きな意味で、人の可能性を信じてみたいと思う。

そして、自分の可能性についても改めて信じてみようと思う。






テーマ:ありがとう - ジャンル:心と身体

悲観的な展望
前提として、原発事故に対する意図的かとも思える政府の対応の稚拙さ、
そして、今回の民主党代表選挙の結果を考えると、どう控え目に見ても
あまり明るい未来は想像できない状況であると認識している。


野田さんだっけ?もう名前も覚える気にもならんが・・・
早速経団連の会長さんとお会いになったそうで・・・
ほんと・・・


日本の情勢がどうだとか、財政赤字がどうだとか、貧困率が高いとか、
先進国各地では、財政・政治・統治諸々含めずたずたになってきているのかな・・

冷静に見ると、覇権国アメリカを中心とした資本主義とうい名の
戦争主義・搾取主義・情報コントロールによるごまかしがいよいよ
破綻に向かいつつあり、世界大戦というと大げさだが・・・
ほんとそんなことが起こってもおかしくないような状況なんだろうな、
とぼんやり感じてしまう。


国内の農産物・畜産物に対する放射能汚染。
チェルノブイリリングだとか、諸々のキーワードの映像が
あることは知っているのだが、あえてみようとは思わない。
感覚的であてにはならないが、おそらくいろいろな数値が示す
汚染度は、目も当てられない状況なんだろう。

3/15前後、放水車で放水を行ってくださった自衛隊員の方々の
気持ちを想像するだけで、心が縮こまったのを想い出す。


地震直後の1月ほど、ネットで流れる情報を見ては、
本当に大変な事態になった、なぜここまで言論統制して
情報を押さえ込むのかと怒りの感情もあった。

それとは対称的に、ここ1月、2月の傾向として、
以前はあれほどまでに控え目に公表していた事実の一部を
小出しに公表しだしている状況を見ると、これは今回の事故を悪用
して、マインドコントロールにも近い、日本人の思考をさらに
混乱させる作戦なのかななんて・・


政権が変わり、復興税という名の恒久的な消費税増税、
食物汚染に対する危機をあおりつつ、TPPへの安易な参加、
郵政民営化改良法案をうやむやにしてしまう。

そんな流れになるのか。


TPPは農業にかぎらず、様々な分野対する日本には不利な法的な緩和が
行われる。

不況期の増税や緊縮財政なんてろくな事にならないのは、目に見えている。
なぜ、こんな単純な繰り返しをするんだろうか・・・


いろいろたまっていたことを吐き出して、読みにくい文章で
恐縮だが・・、じっと自分のうちにためておくのも体に悪いので・・
吐き出してみた。




テーマ:ひとりごと - ジャンル:心と身体