FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



突き抜けたか?それとも勘違いか?

ここ数カ月、いや、ここ何年か続いていた心のつかえが
吹き飛ぶは言いすぎだが、吹き飛ぶきっかけのようなものを
得たような気がする。

苦労の末に、ご褒美をもらった。
そんな感じなのかもしれない。

まぁ、勘違いのような気もするが・・・(笑)

スポンサーサイト



テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

掃除の効果
この雨が去ると秋本番。
しばらくは暖かい日が続くのかなと想像するが・・
当たり前であるが、その後は寒い冬がやってくる。

今年の夏前にエアコンのフィルターを掃除したあと
すっきりしたことを思い出したので、もう一度フィルター掃除。
少し気合を入れて、数カ所ネジを外して、
エアコンの外カバー、吹き出し口付近を
それなりに気合を入れて洗った。

まだ、手がかじかむ季節ではないので、
調度良い運動。

今、フィルターを乾かすために、エアコン試運転中。

健康な生活は、水と空気から。そう最近出会った
おじい様に教えていただいた。

住環境としては、空気も水も綺麗なものが得られる
場所なのだが・・

文明の利器 エアコンの吹き出し口が、埃だらけでは
良くないな。そんな気がして、お掃除。

エアコンも綺麗になったが、気持ちもさっぱりした。
どっちかというと、気持ちのほうがさっぱりした感じ。

テーマ:心と身体のケアを大切に! - ジャンル:心と身体

コミュニケーション
元来、全く違うというか、正反対のような性格をある程度認知した上で
結婚したのだが・・・

まぁ、気持ちイイほど正反対(笑)

ぶつかるぶつかる。

ぶつかった後に、互いにすっきり感があるのなら良いが・・
溝が深まるような感じ。。。

互いが自分の正しさを主張しあう。

そんな感じ。


全く正反対の性格というか、考え方の人が、妥協せずに
自分の考えを主張したところで、噛み合うはずはない。

僕自身もそうだが、妻も精神的に参っていた。
まぁ、今も両者ともそれに近いともいえるが・・・

どうなるかわからないが、
ここ1週間ほどは、ぶつかりながらもようやくコミュニケーションが
成り立つようになってきた。

別に自分が正しかろうが、相手が正しかろうがどっちでもいい。
楽しければそれでOK

テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

生きているということ
小難しいタイトルになってしまったが、特に小難しいことが
書きたいわけではない。ってか書けないともいう(笑

私自身もそうであるが、自分は何のために生まれ、
これから何をなすべきか、何をしたいか。

そういうことを明確に答えることはなかなかムズカシイ。
親の敷いたレールに乗っかって、大学生までは非常に
わかりやすい順調なコースをたどっていた私であったが、
気持ちよいほど見事にコースアウト。

その時なりに自分では深く悩み、考え込んだ。
私よりも、もっと重度の病を長年患っていた姉の
気持ちもその時以来、ほんの少しであるが、理解も
出来るようになった。

加えて、親のありがたみ。
そういうものも実感できるようになった。

私は、その後、たまたまコンピュータというものに出会い、
それを生業として、今日まで生計を立てることが出来ている。

途中で、今の妻と出会い、結婚し、子供も授かった。

つい最近、新たな決断をした。まだ具体的な行動として
何かしているというわけではないが、自分の中で決断をした。

ずいぶん悩んだ。そして今も悩んではいる。
その決断をくだす原動力となるものは、明確に持っているが、
そうはいっても、今の状況から変化するというのに恐れがある。

よって、元気・不安のいったりきたりである。


ただ、状況の変化といっても、所詮、仕事の内容を少し変える
そんな程度である。
生死に影響するわけでもなけりゃ、一番大切な家族との
関係をぐちゃぐちゃにしたいと望んでいるわけでもない。

出来ればというレベルの望みではあるが、
今回の決断を機に、自分に与えられた能力と、自分が
社会と関わっていく中でやりたいこと。
そういうものを一致させ、より心地よい仕事環境を得て、
微力ではあるが、社会に対して貢献することが出来れば、
と考えている。

そして、少しちぐはぐになった夫婦関係も、もう少し
ましなものとしたいし、私たち夫婦を絶対のものとして
信頼してくれている子供たちに、よりよい影響を・・・、
いや、悪い影響を与えずに、ごく普通の優しい心を
持った子供に成長してほしいと願う。

言葉にするのは、簡単だが、実現するための道のりは
険しいだろうな。。

でも、楽しんで進んでいきたい。
そう想っている。

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

焦燥感なのか、ワクワク感なのか・・・
エネルギーが有り余っていて、発散せずにはいられない。
できるだけ体を動かすようにはしているが、それだけでは
追いつかないほどの、人恋しさというか・・
誰かれ構わず、話したい。そんな衝動に駆られる。

ただ、ソレは一般的には奇行というのかもしれない。

だからソレを許容してくれる人を探している。
そんな感じなのかもしれない。

もしくは、このエネルギーを振り向ける適切な
対象、つまり何かに打ち込めるような状況を
作ったほうが良いんだろうな・・

今は、その吐き出し口が見つからず、
やたらめったらブログを更新する。

ある意味、過去のブログの更新数って
自分のテンションをもろに反映しているような
気がするので・・・
あとから見たときに、自分の歴史みたいで面白いのかもな
なんて、馬鹿なことも考えるが・・・

さてはて、何をするかな・・・

なんとなく、体力を使って、温かい風呂に入って
ゆっくり休養。そういうのかもしれないな・・・

はぁ・・・ この変な気持ち悪い感覚、困る。
誰か、エネルギーを保存する機械を与えてくださいな(笑)

テーマ:うつと暮らす - ジャンル:心と身体

等身大の自分
今の自分のテンションは正直危うい。
自分の決意に対する不安、そして、家族を含めた
諸々の環境。そういうのに押しつぶされそうな、
それでいて、突き抜けていきたい。そういう
気合というか、心の底からの叫びというか・・

自分らしく。今の自分を否定せず、こういうのも
自分の一部なんだと、自己肯定したい。
極端に落ち込むのも自分、こういう危ういテンションに
なるのも自分。

全部ひっくるめて僕である。


ミスチルの 花 の詩のこの部分に近い感覚がある。


等身大の自分だって きっと愛せるから
最大限の夢描くよ たとえ無謀だと他人が笑ったっていいや



花 ~Memento-Mori ~

http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND52896/index.html


テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

このニュース面白い!
最近、ほんとここ最近、悪いニュースも極めまくったものがあるが、
逆に心地良い、いい響きのニュースも多い気がする。

例えば、GDPが回復したであるとか、貿易黒字が増加したとか、
失業率が低下傾向にあるとか・・

人はお金がなくなること、ソレに異常なまでに不安を覚える。
僕も、貧乏な家庭で育ったので、その傾向は普通の人以上に
極めていて、プロ!というぐらいであったのだが(笑)

最近、ソレを手放すことが出来るようになった気がする。
嘘かもしれないが・・・

何かにこだわり続けると、ソレを守ることばかりに執着し、
もっと得たいなにか、ソレは人それぞれ違うものであると思うが、
僕自身にとっては、家族の健康であったり、笑顔。
そして最低限+アルファぐらいのお金なのかもしれない。

そういうものを失ってまで、お金に執着する必要性は
やっぱりないな、そんな感覚をようやく持てるようになった。

全然関係ないかもしれないが、こんなニュースを見つけた。

太陽規模の恒星、4分の1に地球大の惑星 日米チーム
http://www.asahi.com/science/update/1028/TKY201010280604.html


なんか、理由はよくわからないが、ワクワクする。

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

しゃしん 写心
家庭環境のせいもあって、昔から人の顔色を見るのが
癖になっている。

ちょっとした表情や仕草、言動。そういうものから
相手がどのような感情であるかというのを読み取ろうと
自然に行ってしまう癖がある。

僕は学生時代から国語の試験が大の苦手であった。
大学入試の時、よりそれを痛感した。

浪人中、極端にバランスを欠く国語の成績を上げるために
参考書をいくつかかった。

そこで目からウロコが落ちた。
な、なんと、文章の行間を読んではいけない!
ということが書いてあるではないか・・・

驚いた。

人が言葉に出すこと、文章として記述することに
その人の本心が現れている可能性はごくごくわずかだ。
小説は当然として、論説であっても、その論文をかく
背景というのが当然存在しているはずである。

そこを想像するのが楽しいのに、それを楽しまずに、
表面的に誰が見ても客観性があるということだけを
捉えて正解を見つける。

たしかに、それも必要な作業ではあると思うが・・
生きていく上では、あまり必要であるとは思えない。

楽しいことがあれば、人に伝えたくなるし、
文章に表現したりしたくもなる。努力して
いろんなことが分かるようになれば、是非
同じような感覚を持って欲しいと思い、
それをより簡易に体感するための手段を模索する。



僕のおじいちゃんは 文男
僕のオヤジは カメラ屋

文男・・・文(ふみ)のおとこ
写真・・・真実を写す

僕はどちらも得意ではなかった。
どっちかというと苦手。

写真が、写心 という文字で表せるなら、
もしかすると、僕は人よりはほんの少し
優れた才能があるのかもしれない。

そんな気がした。


テーマ:心のつぶやき - ジャンル:心と身体

雨降って地固まる ~ 朝の小旅行
梅雨の晴れ間ではないが、そんな感覚を覚える朝。
気温も上がりそうに思ったので、少し薄着で
朝の7時から、近所の山のハイキングコースへ。

持ち物、家の鍵と携帯音楽プレーヤー。


久々にレンタルショップを昨晩利用した。

6枚ほど借りたCDのうち

「悲しみなんて何の役にも立たないと思っていた。」 槇原敬之
「不安の中に手を突っ込んで」 槇原敬之

主にこの2枚を聴いていたが、
非常に心地よい、心にそよ風を吹きこんでくれるような、
自分の考えを肯定してくれるような、
ずーーっと前から知っていたが、ずーーーっと忘れていたような
そんな何かを思い出させてくれるような感覚を覚えた。

わずか1枚250円でのレンタルだが、
その何十倍も、ってかお金に換算するのはおかしいが・・
とにかく元気をもらえたような気がした。

一旦仕事を退く決意をしたので、しばらく余裕はなくなるかも
しれないが、またやりがいのある仕事につき、少し余裕ができたら
アルバムきっちりお金を払って購入したいな。


雨上がりの朝の山道は、特に日陰となる場所は
ぬかるんでいて、注意を払う必要がある。
西側の斜面から登り、東側の斜面を降りて帰ってくるのが
日課であるが・・

ちょうど西側と東側の斜面の間あたりが、なんともいえない
心地良さがある。

雨上がりで空気は澄み、空は晴れ渡り、小鳥や木々たちも
喜んでいるように思えた。

素敵な朝の小旅行。そんな幸せなひとときであった。

テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

優しい音色
好きなアーティストは?そう聞かれたら
間違いなく。

桜井和寿。

そう答えるだろう。

学生の頃、Replayという曲をラジオで初めて
聴き、それ以来20年近くどっぷりはまっている。

ほとんどの人が、ミスチルの存在を認知していない頃から
カラオケで歌っていた(笑

鬱病で落ち込んでいるときに大ブレーク。
アクエリアスのCMソング Innocent World


妻は、芸術系の家庭に育ったため、
もっと美しい音を奏でるクラッシック、そして
Popsでも、正統派と呼ばれるようなものを好む。
というか、それしか認めない感じだな。

僕が好きで聴いている ミスチルやBumpは
付き合いだした当初は聴いてくれていたが・・・
今は、そんな汚い曲とへたくそな歌を聴いていると
頭が悪くなると・・・


仕方なく、散歩中にヘッドフォンで聴いている。


僕が好きになる基準は、楽曲のすばらしさではない。
直感的に感じる声色。
声の音色。
そういうものかな。

優しい、暖かみがあり、どこか切なさも内包している
そんな声に惹かれているのかもしれない。


あくまで、僕の趣向なので、妻と一緒である必要はない。



君は君で 僕は僕 そんな当たり前のこと
何でこんなにも簡単に 僕ら
見失ってしまえるんだろう

ひとつにならなくていいよ
認め合うことができればさ
もちろん投げやりじゃなくて
認め合うことが出来るから
ひとつにならなくていいよ
価値観も 理念も 宗教もさ
ひとつにならなくていいよ
認め合うことが出来るから
それで素晴らしい


掌 の歌詞抜粋


少し、僕の価値観も認めてほしいななんて
淡い望みはあるが・・
それは時間が解決するのであろう。

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

意識とその作用

見たものが拡大する。

これ、私が好んで購読している
かめおかゆみこさん のメルマガで
最近何度か、触れられている。


醜いものばかり見ていると、正義感のようなものは
より先鋭化するが、同時に、やはりなんというか、
吐き気というか、そういう悪い空気に押しつぶされそうな
感覚を覚える。

もちろん、いいことだけしか見ないで、悪いことに
一切蓋をしてしまうことは、バランスを欠くので、
総合的に目を通す必要はある。

ただ、正義感にかられて、醜いものばかりを注視していると
自分の頭までおかしな感じになってくる。

85 vs 15 ぐらいで、

見たいもの、みたくないものを見ればよいのかな。。。
疲れたときは、100 vs 0 ぐらいで良いのかもしれない。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

木枯らしと共に
先日までの秋晴れがウソのように、
ここ最近は風雨が勢いを増し、同時に気温も
一気に低下している。

木枯らし一号が吹いたそうだ。

世の中の醜いもの、人の陰鬱な感情も
吹き飛ばし、次の晴れ間と共に
気候も心も晴れやかになーれ!

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

人が好き、そして・・・
自分の弱さをさらけ出すこと。
これムズカシイ。

他人に対してもムズカシイが、
実は自分に対して、さらけ出すことが
一番難しいのかもしれない。

僕のことを友だと思ってくれている人は
そんなにたくさん居ないかもしれないが、
少なくとも10人はいる。

そして、家族、親族、そういうのを含めると
もっと居るだろう。

僕も彼らのことが大好きだ。
何ができるとか、何ができないかというのではなく
とにかく無条件に・・

それ以外にも、最近ご縁があり、巡り会った人
そういった人たちのことも、興味津々である。
そして、これから出会う人も・・

小難しいテクニックや、駆け引き。僕はそんなの
出来るかもしれないが、わざわざ駆使したいと思わない。

自分が自分らしくあり、それを受け入れてくれる人と
話し、悩み、笑い、懸命に努力し・・
誰かが困っていれば助け、自分が困っていれば
助けてくださいと素直にいえる。

そんなことが出来たらと思う。
僕は困っている人を放ってはおけない性格だが・・
自分が困ったときに、周りに壁を作り、
一人、悲劇の主人公を演じることが多くあった。

ただ、結婚し、子供を授かり、多くの子供たちと
接する機会が増えるにつれ、自分のためでなく、
自分の子供はもちろん、それ以外の多くの子供たちのために
自分が何か一緒に出来れば・・・

そう強く感じるようになった。

また、最強かつ、一番身近にいるパートナーである
妻とともに・・・

ただ、私の責任も多分にあるとは思うが・・・
妻はひどく体調を崩し、なかなか意思疎通できない状態である。

彼女の固く閉ざされた心に、風穴のようなものをこっそり
あけてあげたいのだが・・・
どうにもうまくいかない。

逆に自分が振り回され、判断能力を失ってしまうこともある。

ただ、僕はあきらめず、彼女とコミュニケーションを
とっていきたい。
結婚し、子供を授かり、そして今、たまたま彼女が
疲れている。

これを互いをさらに理解するよい機会だととらえ、
前向きに進んでいきたい。

。。。
もちろん、僕もしんどいので、周りに助けを求めながら・・・

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

人恋しく、切なく。
なんだか、あほな高校生のような勢いで・・
あれこれ心のささやきを書きたくなる。

人が言葉にしていることって、心の中で
思っていることのごくごく一部なんだな。
改めてそんな風に感じる。

何十年も前の学生の頃のことも、つい最近の出来事も、
結婚した頃も、子供がお腹にできたと妻が喜んで
報告してくれたときのことも、
学生時代に初めて鬱病になった頃も・・・

わずか、数分の間にそのころの想いや情景が
ざーーっと、心と脳によみがえり、郷愁というか
適切な表現はできないが、心地よく、そして
切ない。なんだかそんな感情になってしまう。

外見は、完全におっさんな私であるが、
心は非常に子供っぽい・・・
恥ずかしいような、誇らしいような・・・

テーマ:「生きている」ということ - ジャンル:心と身体

kowaiな
よく分からない恐怖感。というか孤独感というんだろうか。
そういうのを今感じている。

たぶん疲れている、そう、それだけなんだと思うが・・
少し、一人で戦っているような気がして、少し・・・

明日は、娘の幼稚園の送り迎えをしよう。
子供たちに会うと、とても癒される。

彼らとお話できるとき、なんだかほんとホッとする。
こういう機会を与えてくれた娘に感謝。
そしてその娘を産んでくれた妻に感謝。
そして、娘を授けてくださった かみさま に感謝。

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

お疲れさま。
お疲れさま。

そう自分に話しかけたくなるような一日だった。
誰にもうまく伝えられなくて、誰にも受け入れられない
そんな気すらしてしまう。

好きな曲(詩)でも聴いて、一人涙を流し、
自分の内面と会話する。
そんなことを求めているような気がする。


多くの人が行き交う街で、多くの人とすれ違い、
それぞれの人の表情や服装そんなものを観察したりした。

そうやってすれ違う人々にも、それぞれ全く異なる人生がある。
僕もその一人だろう。

なんだか、疲れがどっと表面化してきたような感じだ。
急激に冷え込んできたので、体を温めて
今日はぐっすり眠ろう。

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

きつねの嫁入り
昔からなんでこんな呼び方をするんだろう。
そう疑問を持っていた。

晴れているのに雨が降る。

たまたま、さっき神社へ行き、
その帰り道に、外は晴れているのに
小雨が降ってきた。

昔の人は 今日のような日を捉えてそう名付けたのであろうか?
無知なので、さっぱりわからないが・・
昔の人のいうことはなんだか趣深い。

テーマ:日常 - ジャンル:心と身体

ITの功罪
鬱病持ちの私にとって、ITは非常にありがたいものである。
凹んだときにも、世の中のことも知ることができるし、
死にそうな気持ちではあるが興味のあることについて
調べ物をすることもできる。

たまに友人からの励ましのメールもいただけたり・・

私が学生の頃はパソコンの存在自体が、一般家庭には皆無であった。
鬱病になった当初は、親友が何度か家に訪ねてきてくれたり、
してくれた。

もちろん、死にそうな気分だったので、きてくれたことは
とっても嬉しいのだが、みすぼらしい自分をさらけ出す勇気がなく
自室に引きこもり、私の両親と親友が話している内容に
聞き耳を立て、涙を流しつつ、喜び、怖がっていたことを思い出す。


親は、変な宗教集団に騙されておかしくなるよりは
ましだなどと友人に話していたりしていたが・・・
それは一般的な話で、父の本心ではないように思えた。

私の父は学歴コンプレックスがあり、自分が自分の父親から
背負わされた期待を自分の息子、つまり私に対して思いっきり
期待を丸投げしてきていた。

家系的に遺伝子がよかったため、その期待に添いたいとか
そういう意志を持たなくても、たまたま学業の成績は
それなりによかった。

私のモチベーションは、自分を受け入れてくれない親と
精神を病んでいる姉、そして、金銭的に非常に苦しい
家庭から、自分だけ抜け出すことであった。

ただ、高校になると、友達と遊ぶのが楽しかったり、
好きな女の子ができたり(もちろん片思いw)、
文化祭にはまったり、まぁ諸々あった上に、
家庭ではとてもゆっくり過ごせる環境はなく、
勉強は全くしていなかった。

現役で受験したときに自分の学力の低さを再認識させられ、
1年かけて、人よりは少し多くの努力をした。
運良く、誰もが知っているような国立大学に入学。

これでもうすぐいやな家庭から抜け出せる。
早くお金を稼げるようになりたい、そう常に思っていた。

だがつまらないことがきっかけで大学4年で鬱病発症。

その時に友達のありがたさや、自分のふがいなさ、
社会的弱者に対する配慮のなさを思い知ることになる。

半年ほどで復帰し、留年は決定しているので、
忙しい状態ではなかったので、仲のよかった友達であるとか、
かわいい子を探し、ふらふらとあちこちに出かけていたのを
思い出す。

初めて鬱病になったときは、予備知識が全くなく、
一生元気になれないと思いこんでいたため、復活したら、
そのこと自体が奇跡が起こったように感じて、
超ハイテンション。今の自分の数倍テンションが高かった
気がする。

たまたま話につきあってくれる人を見つけては、
自分の思いを相手のことなど考えずに、しゃべり続けていたのを
思い出す。

悲しかったことは、病気の前後で、親友のうち一部は
少し距離を置くようになり、ほとんど会話していなかった友達が
よく声をかけてくれるようになってみたり、世の中の酸っぱい部分、
甘い部分を目の当たりにしたことである。


今から思い返してみて、無理矢理経済的な事象に当てはめるとすると、
エネルギーをため、有名大学合格、心のバブル状態。
ただ、バブル状態の心の状態は非常に不安定で、サーカスの
綱渡り状態である。
ふと心のバランスを壊し、バブル崩壊である。
真っ逆さまに落下して、地面を突き抜け、地下に潜ってしまった。

一生抜け出せないと思っていた暗闇から、たまたま地表にはい上がる
ことができ、太陽の存在を再認識し、今度は太陽に向かって一直線(笑)

高く飛びすぎて、二番底へまっしぐら・・・

心のバブル崩壊から数年たった頃には、二番底を通過し、
今度こそは慎重に復帰するぞ、そう心に決めて、スローペースで
人生の再スタートを切った。

その頃ITに出会い、夢中になる。
大学は休学しっぱなしで、一生ITに力を注いでもよいと思うほど
傾倒していく。

運良く、認められ、自営業者であるにもかかわらず、企業で
責任あるポジションをいくつも任される。

突き進み、報酬も増え、信頼も増え、周りからみると順風満帆
だと思うが、自分の心の中のどこかに、自分の欠落にたいする
引け目のようなものがあった。その欠落が何であるかも
分からなかったが、とにかく一度、自分を見つめ直す期間を
とりたいと思い。お世話になっていた企業には迷惑をかける
ことを承知で、いったん契約の継続を断った。


そのころの想いは、もっと大きいことをしたい。もっと
多くに影響を与えるようなことがしたい。
でも、自分にはそれに値するような実力はない、そう感じて
いたのだと思う。


ただ、運悪く、社長から呼び出され・・
よりよい条件で復帰することに・・

数ヶ月後、自分の実力のなさを自分が認めることができずに
鬱病再発。


人生はいろいろである。

弱さをさらけ出し、それを受け入れてくれる人がいないだろうという
あきらめというか、怯えというか・・・
それはあくまで自分が育った家庭で培ってきたものだが・・
それを社会全体に投影している自分がいた。

ただ、ここ10年ぐらいは、それを受け入れてくれる人が
本当の友達なんだ、そう気づくことができ、自分らしく生きられる
ようになった。

もし、また鬱病になることがあっても、ITを通じて、世の中のことも
知ることができるし、個々人の考え方も知ることができる。

そういうメリットがある反面、ボーダーレスなマネーは瞬時に世界を
駆けめぐり、地球全体が、瞬時に浮いたり沈んだり。
まるで私の心の中のジェットコースターを、地球全体で行っている
そんな気さえする。

所詮、ITもお金も 人の生活を豊かにするためのもである。
多くの人は 効率のよいもの、目に見えるお金というものを重視し、
それに安定を求めようとする。

ただ、そんなもので人の心は安定なんかしない。
たとえ、世界一の金持ちになろうと・・

結局は、皆と手を携え、困ったときには助けてもらい、余裕の
ある時は誰かをサポートする。そんな関係を築けるとき
自分を含め多くの人に心の安息がやってくるんじゃないだろうか。

その一助と自分がなることができたら、どんなに幸せであろうか
そう感じる秋の朝である。

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

ココロノカワキ
最近危ないほどハイテンションである。
個人的には楽しいが、たぶん周りには少し迷惑を
かけているんだろうなと、反省もしている。

どんどん、いろんな人と話たくなるし、会いたくなる。
そのために体のケアもしっかり心がけ、一日平均
2時間強散歩もしている。体が硬くなり気味なので、
ストレッチもそれなりに入念に・・・

元気に動き回れば非常に楽しいのだが、あっという間に
水がなくなる。心をうるわしていた水分が、さーーっと
蒸発していく。

その蒸気が水滴になり、他の人にも良い影響を与えて
いたら良いなと願うばかりだが・・・

ただ、キレイなもの、純粋なものそういうのにも敏感であるが、
逆に、悪意のある物に対しても敏感となってしまう。

そういうものに遭遇したとき、心が縮こまる。
潤っていたはずの、心の水は凍りつく。
誰かに温めてもらって、その氷を溶かしたい、
そんな気持ちを抱きながら、人を選んでは話しかけたりする。

ただ、一般的に見ると奇行でもある(笑)

困ったもんですね。

太陽・自然・空気 そういう何の見返りも求めない
そういうものからエネルギーを吸収できる機械でも
開発しようかな・・

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

感謝の言葉
ありがとうございます。
とっても嬉しいです。
心の底から胃液が出そうなほど(?? 感謝しています。


言葉で気持ちを伝えるのはムズカシイ。
もっともっと、たくさん 嬉しくもあり・感謝しているのだけれど、
うまい表現が見つからない。。

私が好きで購読しているメルマガの発行人
かめおかゆみこ さん的にいうなら、
神から言葉が降ってくる というような感じで
もっと素敵な表現が降ってくるんだろうな・・・

僕は 言葉巧みではないが、この週末に来ていただき
思いを伝えてくださり、そして私の思いを聞いてくださった
友人・家族への感謝をしている。

うまく言葉で表現できない分だけ、今後の自分の
行動で、その感謝をうまく表現できたら・・
そんなことを考えている。


テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

風、遺伝子

なんだかよく分からないタイトルだが、書きたくなった。
今日は近所の天満宮で秋祭りの本宮だ。

天満宮・・・てんがみちるきゅうでん

そんな感じなのであろうか?
近所のまちまちにある御輿をその町の人が
それぞれいろんな楽しい感情を抱きながら、
町を練り歩く。

今晩、なんだかいいことが起きそうな気がする。

願いは叶う。

大きな望みである必要はないが、小さな小さな
望みも願いも、静かに、そっと見守れるような
そんな自分でありたいと思う。

こうして今日ここにあることに感謝、である。

テーマ:しあわせの素 - ジャンル:心と身体

風邪は万病の元

やはり、人間無理は禁物らしい。
頭がフル回転で、ブレーキがきかない状態となり、
つい最近まで、気が立って眠れなくなっていた。

これはヤバイと思い、軽い運動をする時間を
無理矢理作って、心と体のバランスをとっていたが、
今度は、季節の変わり目で、風邪の初期症状。

心技体。

技は正直どうでもよいのかもしれないが
心と体のバランスをとる技、それはもう少し身につけたいな
そう思う今日この頃。

テーマ:うつ病(鬱病)、メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

心の浮き沈み

経済を学び、データ収集すると、自分の健康状態と
それなりにリンクしていることに気づいた。
おそらく 守銭奴なんだろう私は(笑)

20年近くのファンであるミスチルの
アルバムを聞き返して・・いろいろ考えさせられた。

深海、BORELO から始まる深い悩み
DISCOVERY、Qで 吹っ切れたような感じになるが・・・
迷いは続く。。
「人生はいつもQ&Aだ、永遠に続いていく禅問答」

「ジェットコースターみたいに浮き沈み」

そんな感じなのかな。
彼の優しさ、大きくなりたい、でも優しさを失いたくない
自分の無力さを嘆く一方、自分に出来ることは何かと
真剣に向き合う姿は、尊敬に値する。

そして、自分の弱さも歌い上げる あの庶民らしさというか
人間くささ。

今後も継続的な活躍を期待する。

テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

体と心の祭典
ちょっと大袈裟なタイトルだが、私にとって昨日の運動会は
そんな印象を持つ会でした。

子供たちの屈託ない笑顔、親と微笑み合う表情、
友達同士でじゃれあう姿、大好きな先生にベタベタする行動。

どれをとっても、大人が忘れてしまっている感覚を
彼らはしっかりと持っている。

人はどこから理屈っぽく、大人っぽく(悪い意味で)、
勇気を失い、友情をなくしてしまうのだろうか。

彼らの表情に触れるたびに、非常に心地よい風が
私の心に吹いてくる。そんな印象を覚える。

楽しい会をありがとう。

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

こころに質問
こんにちは、調子はどうですか?
ご無沙汰しております、お元気にしていらっしゃいますでしょうか?

などなど、決まり文句のような気もするが、
これを心から書けているか、もしくは声に出せているか・・

人と付き合うとき、たぶんこういう何気ない一言の
音色などは、重要だなと感じる。


ところが、僕の場合は、この言葉を自分に対して
問いかけることは少なかった気がする。

自分がこの言葉を相手にかけるとき、相手が元気であろうが、
そうでなかろうが、そこを話のきっかけとして・・
互いに軽口を叩き合ったりして、それなりに心がほぐれたりする。


そう、何で自分に対して行ってなかったのかな。
自分のことは自分でしっかりわかっているから・・
そういう風に答えるのが、一般的なのかもしれない。

ただ、さてはてそうなんだろうか?
他人のことは客観的に見ることができるが、
意外に自分のことって客観視できているようで、
出来ていないような気もする。

これを機に、たまに自分に質問してみることにする。


テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

縁をたどる
最近、生まれて初めて、営業活動の子供版?みたいなものを
はじめた。

自分のことばかり考えていると、なんか爆発力を伴うような
出会いなり、きっかけなんて見つからないだろうな・・・
なんて考えて、自分より優れた何かを持っている人で、
かつどこかで縁で結ばれているような人。

そういう方に思い切ってアクションを起こしている。

へんな下心などなく、ただ会って話がしてみたい。
ただそれだけ。

なんかその方が楽しいことが起こりそうだ。
根拠などどこにもないが・・・

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

合わせ鏡
最近いろんな現象に遭遇する。
少し頭のネジが行ってしまったのか?(笑
というようにすら感じたりもする。


一見全く正反対に見えることが、同居しているというか・・
その交代時期というか、互いが互いを攻撃しあう。
そんな印象をうけることが多い。

これは、夫婦間にとってもそうであるし、兄弟間
にとっても当てはまる。また、視点を広げ、地域社会、
日本、ちょっと大げさだが宇宙?(笑

また、逆にもっと小さい範囲では、自身の内面、右手と左手、
見えはしないが、細胞レベルでも、おんなじようなことが
起こっているのかな?

なんて、変な妄想をいだいてしまう。

ただ、憎しみの心からは、何も良い結果は生まれない。

嘘も方便の諺に従い、自己を守る行動をしつつ、
なんとか日々を過ごしている。
ただ、正直疲れ気味。

きっと休息。
そう、そういうものが必要な時期なんだろう。

そんな感じがする寝不足の朝。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

不安の種
不安の種、幸せの種、笑いの種、怒りの種、平然の種。
そんなものが作れたら面白いなと思う。

やはり最近のテンションは、以前の時とは微妙に違う。
慎重さを伴った、大胆さ。そんな感じであろうか・・

まぁ、楽しいのでよしとしておきます。

つい二日ほど前も一時的にマイナス思考に支配されたが、
自分や自分の身の回り中心でなく、大きな範囲での
楽しいことを考え、それが回りまわって自分にも
分け与えられたらいいな、なんて考えられるようになって
不安の種は解消されつつある。

実は、不安の種に、水をやり続けると・・
しあわせな葉っぱや、楽しい花たちが咲くのかな?

テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済

不安

心の中、この動きを制御することができたら、どんなに気が楽であろうか。
やはり新しい一歩を踏み出すには、相当勇気がいる。
ここ数日は、マイナスに陥っても直ぐ復帰していたが、ここ3時間ほどは
心の動きが、負の方へ引っ張られているような感じがする。


以前読んだ本には、こういう場合、その恐怖に対して名前をつけてみると
良い、そうすると恐怖が薄れるということが記されていた。

・報酬を手放すのが怖い君
・家族に迷惑を掛けるのが怖い君
・そういう自分自身がかっこ悪い気がする君


そんな感じであろうか。

将来の自分の為に、書き記しておくことにした。

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

何かの節目ごとに、このこと(縁)に対する意識が高まる時期がある。子供の頃は意識などしなかったが、学生時代に大病から回復したとき、社会へ出る一歩を踏み出すきっかけ、そして、のちに妻となる彼女に出会ったとき。そして、つい先日より深い仲となったなったばかりだが、彼と子供の頃からの親友だと思えるほどになった今。


不思議だ。
天の巡りあわせというんだろうか・・・


とにかく嬉しいことが多いが、こういう時は僕は身内をないがしろにして、新しく始まった出来事に集中してしまう悪い癖がある。ついさっき、それがきっかけで妻と口論となった。それも激しめの。

一番大事なものは、僕を支えてくれる身近な人だ。そう、彼女は一番大事にしなきゃいけない。でも、妻からは全く逆の印象を抱かれているようだ。

僕自身のダメな所も認めるが、そこまでいうかというような台詞で、防波堤結界(笑)。
まだまだ若い、青い、ということなのだろう。
先日購入した 孔子の本でも読んで、心を落ち着けるべきかなと反省する私。


テーマ:日本の未来 - ジャンル:政治・経済