FC2ブログ
幸せな子孫へ
大切なものは・・・・なに?。 仕事?勉強?遊び?家族?お金?友達? 明るい未来を描ける日。そんな日のことを想いながら・・・
カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近の記事



最近のコメント



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



月別アーカイブ



プロフィール

脱こども望こども

Author:脱こども望こども
社会の動きに疑問を感じ、だいそれた希望とか描いたりしましたが、結局のところ口先ではなく、行動で示すしか無いというアタリマエ結論に・・アタリマエを如何に実行していくのか・・その過程で考えたこと、悩んだこと等々ひとりごとのように書き綴っていきます。稚拙な日本語ですが、どうぞよろしくお願いいたします。



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



変化
新しい一歩を踏み出す決断をした昨日。

それまではビクビク、ビクビク恐怖心に苛まれていたが、
何かつきものが落ちたように、心が軽くなった。

経済的に見ると、しばらくの間は、厳しいかもしれない。
ただ、本当に先日までの恐怖感がウソのように楽しい気持ちが湧いてくる。

不思議だ。

Life In Downtown という槇原敬之さんのアルバムを聴いてみた。

どの曲も驚くほど今の自分の心情を捉えているような気がした。


ココロノコンパス
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND34903/index.html




心が向かう場所へ
向かって進んでいけ
心のコンパス その針が
震えもせず示す場所を目指せ




僕のここ数年の生活を振り返ると、
心のコンパスで進むべきではない方向だと、
頭では理解しているにもかかわらず、
嫌な想いを抱えながら、日々の与えられた役割をこなしていた。

その間、老化現象かと思うほど、自分の能力の劣化を感じ、
危機感を抱いたり、焦って能力を取り戻そうともがいたりもした。

だが一向に心は弾まない。
当たり前である。

僕の目指す場所に向かわない、そんな集団列車に乗せられて
狭い車内で少ない脳みそをフル回転させて、悪あがきをしていたような
感じだろうか。

昨日、あることがきっかけで、その列車を降りようと決心することが出来た。
そのきっかけを作ってくれたのは、つい先日から、深い仲になった友である。

大人になり、世の中のことが分かり、一人前に、人の親などの役割を与えられてきたが、
所詮僕は子供の頃と何も変わっていない。
ただ、そう、子供のままで良いんじゃないのか?
子供の頃の方が楽しかった。


いつの間にか社会の渦の中で、本来の自分を見失っていたようだ。
昨日を僕のあらたな誕生日として、何度目かの人生を始めようと思う。
僕を支えてくれ、喜びを与えてくれる家族、そして心の通う友達と共に。


スポンサーサイト



テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

決断
年老い、やるべきことをやり、残りの余生を過ごしている時のことを
少し想像してみる。


自分の人生を振り返ってみて、幸せとはなんだろうか?

年老いた自分にそう問いかけたら、なんと答えるんであろうか。

僕は今、人生で大事な決断をしようとしている。
その余生を過ごしているときに、今回の決断を振り返り、
自分にとって微笑ましく、誇りあるものであった。
そんな懐かしい感覚に浸っていたいものである。


思い立ったが吉日

このことわざに従い、僕も新たな一歩を踏み出してみる。


テーマ:いまのニッポン我慢ならん! - ジャンル:政治・経済

素晴らしい出会いに感謝
日本は一時、流れてきた心地良いメロディーがかき消され、また元の泥沼のような状況に陥りつつあるように感じる。ただ、一度始まった流れは、誰にも止めることはできない。一滴の水滴が集まり、それらが集まり小川になる。そして地下に伏流し、それが川を形成する。

つい一月程前に、以前からの知り合いであるが、それほど互いのことを知らない仕事仲間からメールを頂いた。彼は自営業者となった。そう、私も自営業者。

ビジネスの相談から始まり、私生活、生い立ち、趣味などなどを話していくうちに、わずか数週間のメールのやり取りであるが、ズーーット昔からの友であるかのような錯覚を覚えるまでの関係となった。


縁とは不思議なものである。


この縁を大切にし、彼(水滴)、私(水滴)が、いずれ小川になり、大きな流れを形成するように、協力していきたい。

そんな出会を与えてくれた、 誰だろうか?
神なんだろうか?それともご先祖様なのであろうか?

いったいそれが何者であるかは理解出来ないが、この出会いを大切にし、身の回りを始め、多くの人に笑顔が溢れるような世の中になることを祈りつつ、日々精進しなければと思う。


テーマ:日本を正常な国に戻したい - ジャンル:政治・経済